top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

【それはない】丸亀製麺の冷酷非道なやり方にファンブチギレ!『あさりうどん』のみならず『鴨ねぎうどん』まで奪うのか、お前たちは…!!

ロケットニュース24

【それはない】丸亀製麺の冷酷非道なやり方にファンブチギレ!『あさりうどん』のみならず『鴨ねぎうどん』まで奪うのか、お前たちは…!!

毎度毎度、丸亀製麺の至高のメニュー『あさりうどん』を激推しする当サイト……というか私(あひるねこ)と先輩記者のサンジュンであるが、実は冬の定番『鴨ねぎうどん』のことも同じくらい愛しまくっている。実際、この両者が丸亀製麺のツートップではないか。

そんな『鴨ねぎうどん』が2023年1月24日、待望の復活を果たしたというのだから落ち着いてなどいられないだろう。全国の丸亀製麺にて期間限定で販売中と聞き、私とサンジュンは急いで編集部最寄りの店舗へと駆けつけたのだが……。

・先日の出来事

ここ数日の尋常ならざる寒さも、すべては『鴨ねぎうどん』復活を彩る舞台装置でしかなかったのか。待望の発売をサンジュンに伝えるべく出社すると、男は何か決意を固めたような面持ちで私の到着を待ち構えていた。

サンジュン「『あさりうどん』は失ったが、俺たちにはまだ『鴨ねぎうどん』がついている。この “渇き” を癒してくれるのは、もはや『鴨ねぎうどん』をおいて他にないのだ」

・悲しき過去

そう、かつてはどこの店舗でも当たり前のように食べられた『あさりうどん』。しかしその販売店舗数は年々減少し、今や東京23区内でお目にかかれる機会はほぼなくなってしまった。これはある意味、文化的損失と言ってもいいのではないか。『あさりうどん』、アイミスユー……。

広告の後にも続きます

そんな我々にとっての最後の砦が、先述した『鴨ねぎうどん』なのである。特にここ数年、辛酸をなめ続けてきたサンジュンの『鴨ねぎうどん』への思いは強い。

サンジュン「逆に考えよう。すべては今日という日のための調味料だったんだと。さあ、冷えた体を『鴨ねぎうどん』に温めてもらいに行こうぜ!」

そう言うとサンジュンは、私を引き連れ編集部の最寄り店舗へ向かった。その姿はまさにネギを背負った鴨。鴨ジュンである。そして……

「待たせたな」

なぜか『鴨ねぎうどん』側目線のコメントを残し、ひとり店の中へ消えていく鴨ジュン。

ところがその数秒後!

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル