top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

先進国株式型投資信託/バランス型投資信託…投資先の限定や分散で低リスクの実現を目指す

幻冬舎ゴールドオンライン

比較的値動きが安定している先進国の株式は、投資のリスク軽減に有効です。また、複数の資産や地域に分散する方法も、同じくリスク軽減になります。具体的に見ていきましょう。※本連載は、経済ジャーナリストの酒井富士子氏の著書『キーワードでまるごとわかる 投資の教科書』(株式会社Gakken)より一部を抜粋・再編集したものです。

先進国株式型投資信託】安定的な値動きでリスク低め

先進国の株式を投資対象とする投資信託

新興国の株式と比べて値動きが安定しているため、リスクの比較的小さな投資信託です。

「先進国株式型投資信託」とは、その名の通り、先進国の株式を投資対象とする投資信託のことです。

先進国は経済や政情が安定している傾向にあるため、一般的に新興国と比べて値動きが安定していて、リスクは比較的小さくなります。安定的な運用を期待して、「値動きの激しい新興国株式には投資をしたくない」という人は、検討してみるといいでしょう。

広告の後にも続きます

先進国株式型の代表的な指標として挙げられるのが、「MSCIコクサイ・インデックス」です。長い歴史を持ち、全世界の投資家から信頼の厚い指数ですが、1つ覚えておきたいのが、この指標の対象には日本が含まれていない点です。そのため、どうしても日本株式へ投資したいという人は、先進国株式型ではなく、全世界株式を選択するべきでしょう(『投資対象/全世界株式型投資信託…どんな商品・地域を選ぶ? それとも、全世界に照準を合わせる?』参照)。

一方で、個別株などで日本株を既に保有しているという人には、先進国株式型も投資の候補に挙がってきます。

代表的な商品の1つが、「eMAXISSlim 先進国株式インデックス」です。これはMSCIコクサイ・インデックスに連動するリターンを目指す投資信託で、主として日本を除く世界主要国の株式に投資を行います。信託報酬は0.1%と同種ファンドのなかでも低水準で、コスト面にも優れているため、老後資産形成のための長期投資にも適しているといえるでしょう。

図表1は、「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」の地域別構成比率を表しています。

地域別構成比率の7割をアメリカが占めていますが、「世界的企業が多数存在する米国株への投資には興味があるけれど、集中投資するのは怖い」という人に向いている商品といえるでしょう。

[図表1]

 ★Point★ 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル