top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

世界の国が男子になってオフィスに集結したら…? 国を擬人化した「地政学」コミック

BOOKウォッチ

地政学ボーイズ 〜国がサラリーマンになって働く会社〜 第2巻(秋田書店)<amazonで購入>

「ヒノモト そろそろアレくれよ」
「えっ…ああみかじめ……じゃなくて思いやり予算な」

 歴史と世界情勢がつまった「地理×擬人化コメディ」のマンガ『地政学ボーイズ ~国がサラリーマンになって働く会社~』第2巻(秋田書店)が1月20日に発売された。

 書籍やテレビなどでも取り上げられている話題の「地政学」。これは国の政治・経済のパワーバランスを「地理」が決める、と考える学問のこと。

 本作は、青年漫画誌「ヤングチャンピオン」で連載中。地政学をテーマに、国を擬人化したコメディコミックだ。漫画を理央さんが、原案・監修を『図解 いちばんやさしい地政学の本』の著者で、地政学本ブームの火付け役・沢辺有司さんが担当している。

 たとえば、日本を擬人化した「日本(ヒノモト)」と、アメリカを擬人化した「アメリック」が登場する。線の細いヒノモトは、ケンカが強い金髪イケメンのアメリックに守ってもらう代わりに、子分扱いされたり、デスクの周りに私物をがっつり置かれたりしている。2人は「地政学株式会社」の同僚ということになっているが、今日もヒノモトは「思いやり予算」でアメリックにスシをおごらなければならない――。

【担当編集コメント】
「わたし自身、歴史や地理が苦手ですが、地政学ボーイズは面白く読めて、気が付いたら世界情勢に詳しくなっていました。侵略や戦争の理由など、時にシビアな世界情勢の裏側も知ることができます。さらに擬人化された各キャラがかわいい 私はカナダと日本とアメリカが推しです~!」

広告の後にも続きます

 第2巻では、世界の3大権力者、アメリカ・ロシア・中国とともに、ヨーロッパとアジアの濃い新キャラがぞくぞく登場! イケメンで自由人のイタリア、北極の氷がとけてバチバチになるロシア・中国、ふり回される日本……。栄光の日々を思い出すスペインや、一見紳士ぶっているイギリスも大活躍。「国がイケメンだ~」と楽しみながら世界情勢の勉強にもなる作品だ。




※画像提供:秋田書店


書名:  地政学ボーイズ 〜国がサラリーマンになって働く会社〜 第2巻 監修・編集・著者名: 理央 漫画、沢辺 有司 原案・監修 出版社名: 秋田書店 出版年月日: 2023年1月20日 定価: 825円(税込) 判型・ページ数: A5判・144ページ ISBN: 9784253308120
 
   

ランキング(読書)

ジャンル