top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

亡き母の所有だった「不動産・車・預金口座」を使い続けたい…名義変更の方法は?【公認会計士が解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

亡くなった方が所有していた不動産、自動車は、相続人への名義変更の手続きが必要です。また預貯金も、解約ではなく名義変更とすることが可能です。しかし、名義変更に必要となる書類は多く、手続き自体もかなり煩雑です。具体的な手順について見ていきましょう。自身もFP資格を持つ、公認会計士・税理士の岸田康雄氏が解説します。

母所有の不動産、相続することになったが…

生徒:先日、私の母が他界しまして、母所有の自宅を私が相続することになりました。どのように手続きをおこなえばいいのでしょうか?

先生:不動産の名義変更ということですね。それには、相続登記が必要ですよ。建物と土地の所有権を、お母様からあなたに移転させるための登記です。早めに手続きをしたほうがいいですよ!

生徒:相続登記はどこでおこなうのでしょうか?

広告の後にも続きます

先生:不動産の登記は、法務局でおこないます。所有権を移転させる場合、通常は「所有権を渡す人」と「受け取る人」が共同で申請しなければいけないんだけれど、相続の場合は、所有権を渡す人はすでに亡くなっていますから、所有権を受け取る相続人が単独で申請することができるんですよ。

生徒:相続登記の必要書類を教えてください。

先生:遺言書があるかどうかで違ってきますが、遺言書はありましたか?

生徒:いいえ、ありませんでした。遺産分割協議をおこなう予定です。

先生:それなら、遺産分割協議書が必ず必要になりますね。相続人全員で実印を押すことになるので、全員の印鑑証明書も必要です。あと、どんな相続手続きでも必要になりますが、戸籍謄本と住民票ですね。被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本と住民票の除票、そして、すべての相続人の戸籍謄本です。「法定相続情報証明制度」を使って、法務局で作ってもらった法定相続情報一覧図の写しがあれば、戸籍謄本の提出は不要になりますよ。住民票は相続登記しようとする不動産を相続する人だけで大丈夫です。相続関係説明図も作っておく必要がありますね。

生徒:不動産関係の書類も必要になりますか?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル