top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

レイナの後半AT逆転弾でドルトムントがマインツ下して連勝《ブンデスリーガ》

超ワールドサッカー

レイナの後半AT逆転弾でドルトムントがマインツ下して連勝《ブンデスリーガ》

ドルトムントは25日、ブンデスリーガ第17節でマインツとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。

前節アウグスブルクとの打ち合いを何とか制して首位バイエルンとのポイント差を7に縮めた6位ドルトムント(勝ち点28)は、アウグスブルク戦のスタメンから2選手を変更。フンメルスと出場停止のベリンガムに代えてジューレとジャンを起用した。

12位マインツ(勝ち点20)に対し、ムココを最前線に、2列目に右からアデイェミ、ブラント、マレンと並べたドルトムントは開始2分に失点する。左CKからニアサイドのイ・ジェソンにヘッドで決められた。

しかし4分、すかさず追いつく。ボックス手前右のリエルソンがカットインから左足を一閃。強烈なシュートがDFにディフレクトしてネットが揺れた。

リエルソンの移籍後初ゴールで試合を振り出しに戻したドルトムントは7分にムココ、9分にジューレが立て続けにゴールに迫って攻勢をかけたが、それ以降ば徐々に膠着した展開に。

38分にマレンがミドルシュートでオンターゲットを記録したドルトムントだったが、1-1で前半を終えた。

迎えた後半もドルトムントが押し込む展開で推移。

しかし前半同様に膠着状態を打破できなかったことから62分に3枚替え。アラー、バイノー=ギテンス、レイナを投入した。

だが、その後もマインツの集中した守備を攻略できず。このまま引き分けかと思われた追加タイム3分、ドルトムントに勝ち越し弾。

右CKをアラーが頭で合わせ、ゴールエリア左に詰めていたレイナが左足で押し込んだ。直後にタイムアップとなりドルトムントが劇的勝利。苦しみながらも再開後2連勝としている。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル