top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

金沢らしい華やかで晴れやかなクラフトビール/【連載】達人おすすめのお取り寄せ

おいしいマルシェ

最近クラフトビールブームはすごいですね。私も旅行するたびに、その場所、もしくは近隣でできたクラフトビールを飲むのがとても楽しみです。

ただ、下戸なので、一瓶だったり、一缶だったり、一杯だったり。だからこそ、本当に愛おしむように、自分のお酒の弱さも慈しむように、大切に飲んでおります。一球入魂といいますが、一杯入魂てな感じかな。

あまり旅行に気軽に行けない昨今ですが、去年、間隙をついて金沢に寄らせていただきました。とっても素敵なひとときだったのですが、そこで、現地の方に連れて行っていただいたのが、金澤ブルワリー。

代表は女性で鈴森由佳さんという方。当日はいらっしゃらなくてお会いできなかったのですが、醸造担当の若者とお話をすることもできました。

2015年に会社設立。2016年の春に第一号のビールをお披露目したということで、すでに6年目。6年生ですね。

広告の後にも続きます

いくつかできたてビールを試飲させていただいたのですが、試飲でも酔っちゃう私。何をいただいたのか忘れてしまった。

ただ、とても印象的だったのが、酵母へのこだわり。醸造所の2階には、酵母培養のお部屋が。ビール酵母を全商品仕込みのたびに、自家培養しているそうです。これってなかなかないことだそうです。酵母へのこだわりが、この金澤ブルワリーの真髄なんですね。

金沢旅行から帰宅してすぐに、ホームパーティーをよくする友人宅に贈り、大好評。私もゆっくり味わいたいので、自宅用にも。

ブルワリーイチオシの赤いラベルの「ペールエール」は、すっきりと苦味の絶妙なバランス。大好きな黒ビール「スタウト」は、黒ビールとしてはすっきり目。コーヒーフレーバーで、飽きのこない、デザートにも合う女性にこそおすすめの味。そして白いラベルの「ヴァイツェン」は、晴れやかで華やかな味。

私はこの、3色のセットを強く薦めます。ラベルを含めたボトルのデザインがとっても素敵で、目でも味わえます。このあたりが、伝統と新奇さが共存する金沢の街が生み出すビールらしさです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル