top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Jリーグの「2個パイセン」観月ありささんが30周年オープニングイベントに登場、体調不良の後輩・朝日奈央さんの代役「よっしゃ いこ!」

超ワールドサッカー

Jリーグの「2個パイセン」観月ありささんが30周年オープニングイベントに登場、体調不良の後輩・朝日奈央さんの代役「よっしゃ いこ!」

Jリーグは25日、「Jリーグ30周年オープニングイベント」を開催。Jリーグ開幕から30周年を迎えるシーズンに向けてのトークイベントを実施した。

1993年5月15日に国立競技場で開催された「ヴェルディ川崎vs横浜マリノス」から数え、今年リーグ開幕30周年を迎えるJリーグ。その新シーズンを前に行われたイベントには、野々村芳和チェアマンの他、サッカー解説者の松木安太郎氏、OBの中村憲剛氏、槙野智章氏、内田篤人氏が登壇した。

また、女優や歌手として活躍する観月ありささんがゲストとして登場した。

このイベントには朝日奈央さんが出席予定だったが、体調不良により欠席。その代役として登場することとなった。

観月さんは冒頭「今日本当は、朝日奈央ちゃんがこのイベントに参加する予定だったんですが、同じ事務所の後輩のためになるならと思いまして、私「よっしゃ いこ!」と思って来ました。楽しんで帰りたいと思います」とコメント。後輩のために頑張るとした。

観月さんは、1991年5月15日にシングル「伝説の少女」でデビューし、2021年にデビュー30周年を迎えており、Jリーグのちょうど2年先輩という立ち位置となる。

「5月15日という同じ日に開幕されたということで、勝手に縁を感じております。嬉しいと思います」

野々村チェアマンは「2個先輩ってことですね」と言えば、観月さんは「2個パイセンです」と答えていた。

またJリーグについては「スタジアムに観に行ったこともありますし、サッカー愛に溢れた友達も多くて、サッカー大好きな人が多いので、Jリーグはよく観させていただいています」とコメントした。


TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル