top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大沢たかお主演・プロデュースで『沈黙の艦隊』が実写映画化 日本で初めて海上自衛隊・潜水艦部隊が撮影協力も

SPICE

(C)かわぐちかいじ/講談社(C)2023 Amazon Content Services LLC OR ITS AFFILIATES. All Rights Reserved.


漫画『沈黙の艦隊』がPrime Video日本オリジナルコンテンツとして実写映画化されることが決定。2023年9月29日(金)から全国東宝系にて劇場公開されることがわかった。

『沈黙の艦隊』は、かわぐちかいじ氏による漫画。週刊漫画雑誌『モーニング』(講談社)にて1988年から1996年まで連載され、コミックスの累計発行部数は3,200万部(紙・電子)を誇る。1990年には第14回講談社漫画賞一般部門を受賞。1996年にアニメ化もされている。

日本の近海で発生した海難事故で海上自衛隊の潜水艦・やまなみが沈没した。艦長の海江田四郎二等海佐以下、全乗員76名の生存が絶望的との報道に衝撃が走る。だが実は、乗員は無事生存していた。彼らは、日米が極秘に作った原子力潜水艦の乗員に選ばれており、事故は彼らを日本初の原子力潜水艦に乗務させるための偽装工作だったのだ。

(C)かわぐちかいじ/講談社(C)2023 Amazon Content Services LLC OR ITS AFFILIATES. All Rights Reserved.


広告の後にも続きます

実写映画『沈黙の艦隊』で艦長の海江田四郎を演じるのは、『キングダム』シリーズなどの大沢たかお。大沢は同作のファンであることから、防衛省・海上自衛隊との協力体制の構築や、原作者のかわぐち先生へ企画プレゼンを行うなど、自ら本作のプロデュースも務めている。メガホンをとったのは、『ハケンアニメ!』の吉野耕平監督。制作は、映画『キングダム』シリーズや『銀魂』シリーズなどのクレデウスが手がける。なお、本作は日本で初めて海上自衛隊・潜水艦部隊の映画撮影協力を得て、実際の潜水艦を使用。リアルな艦体とVFX技術を融合させて制作されているという。

解禁されたティザー映像では、「地球の70%は海だ。これほど広大な海を前にして、どうして人は争うのだろうか」との台詞の後に、鋭い眼光を放つ主人公・海江田四郎(大沢たかお氏)の姿のほか、防衛省・海上自衛隊の潜水艦も映し出されている。

主演・プロデューサーの大沢、吉野監督、原作者のかわぐち氏、製作陣のコメントは以下のとおり。

大沢たかお(主演/プロデューサー)

30年という時空を超えて、実写化不可能と語られ続けた伝説のコミック「沈黙の艦隊」を、今年ついに実写化させていただくことになりました。かわぐちかいじ先生、そして全ての関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

日本初の原子力潜水艦を奪い逃亡、そして核という脅威を武器に世界と対峙する主人公「海江田四郎」を演じさせていただきます。

世界中が大きな変化の波に突入した、この令和という時代。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル