top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『星の王子さま』がなぜ“音楽朗読劇”に? 演出家とプロデューサーが語る“気づき”の視点

Real Sound

(左から)小見山佳典、小川仁美

 音楽朗読劇『星の王子さま Le Petit Prince ~きみとぼく~』が、1月26日から29日、2月2日から5日にかけて、南青山の劇場BAROOMにて開催される。アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリによる名作を、日替わりキャストによる2人芝居の“音楽朗読劇”として展開する本公演。キャストには、小倉久寛×水夏希、戸田恵子×植木豪、吉本実憂×木戸大聖、新谷ゆづみ×阿部よしつぐ、島田歌穂×戸井勝海、佐久間レイ×上原理生、平野綾×須藤理彩、彩乃かなみ×市毛良枝の8組16名が決まっている。リアルサウンド映画部では、ラジオドラマを多数手がける本作演出の小見山佳典とプロデューサーの小川仁美にインタビューを行い、音楽朗読劇として『星の王子さま』を作ろうとした背景や、配信ではない“生だからこその魅力”などについて語り合ってもらった。(編集部)

参考:「読書」は一夜にして世界を変えるーー『リトルプリンス 星の王子さまと私』のメッセージ

ーーまず、“知っているようで知らない”作品として『星の王子さま』が選ばれた理由について教えてください。

小見山佳典(以下、小見山):知っているつもり、読んだつもりになっている作品ってあるじゃないですか。僕自身も特に若い頃は「ああ、『星の王子さま』ね」というふうに、確かに読んだことはあるし、ストーリーのラインもわかっていたつもりでした。ただ、改めてじっくり読んでみると「そうか、そういうことか」ってわかったことがあったんですよね。それはもちろん、自分自身が年齢を重ねたことで見方が変わったことも関係していると思う。そういった“新たな気づき”を改めて感じたんです。題材としては舞台や映画をはじめ何度も様々な表現をされてきた作品でもあるので、今さらという部分を感じるかもしれません。ただ、知っていると思っていたけど、改めてもう一回視点を変えて読んだり、今回の朗読劇を観ていただいたりすることで“気づき”を得られるんじゃないかと思い、選びました。

小川仁美(以下、小川):偶然にも3月末に『星の王子さまミュージアム』が閉館するというタイミングに重なりましたが、その情報が入る前から企画は始まっていました。演出の小見山さんと以前コンサートを作らせていただいたときに、もう一つ何かコンサートではない形で何か作っていきたいなと思ったんです。今回は小見山さん側からの企画にはなりますが、閉館のことも含め、初めて自分が意図せぬところで、何かに導かれているというか、自分の目に見えないものが引き合わせてくれたように感じます。

広告の後にも続きます

ーー以前コンサートを一緒に作られたとのことですが、今回「朗読劇」という違うフォーマットで改めてご一緒したご感想は?

小川:以前ご一緒したのは、いろんなミュージカルのオムニバスのコンサートだったので、一つずつの作品を積み上げていくというより、抜粋して皆さんにお伝えする形でした。今回は台本もあり、一つずつ重なっていく時間が“刺激的”というか、何にも変え難い、私にとってはそれがまさに『星の王子さま』で言われている「絆」に感じました。共にする時間が多ければ多いほど、何か良いものが生み出せるというワクワク感がありましたね。

小見山:小川さんとやったステージはミュージカルナンバーで綴るライブステージというコンセプトでした。だからもちろんミュージカルを描きたいけど、そんな時間は全体の中で取れなくて。でもいろんな曲を少しドラマチックに表現しました。僕は元々テレビドラマなどの映像で演出やプロデュースをやってきたので、歌の中にあるドラマ性をなんとかステージの中で表現したいなと思って、ご一緒させていただいたんです。それはそれでお客さんに楽しんでもらえたかなとは思っていますが、その延長線上でいわゆる「音楽性のあるリーディング」を、「二人芝居」という限られたキャストで表現できたらどんな形になるかなと思って今回小川さんと相談し、実現することができました。今は稽古中ですが、座席とステージの距離も近いので、俳優さんたちの息遣い、歌への熱い思いがより表現できたらなと思っています。

ーーキャストも日替わりで豪華な顔ぶれですが、稽古中のプロセスで印象的だったことはありますか?

小見山:今、8組16人の俳優陣と稽古中なのですが、つまりそれは「王子さま」が8人、8通りの「王子さま」がいるというわけなんです(笑)。いろんな表現があるわけですよ。その感情の波というか渦というか、つまりは感動がぐわっと押し寄せてくる。それぞれのお芝居、感情があるんです。演出をしていて贅沢さを感じつつ、そういった皆さんの心地よいエネルギーを肌で感じていて、観客の皆さんにもきっと伝わると思います。

小川:キャスティングを一緒にさせていただきましたが、「この方とこの方なら想像できない」というような、他では見られない組み合わせで、どの回でもいろんなアプローチを見ていただける点にこだわりました。もちろん馴染みの組み合わせもありますが、制作側の自分たちも新しい世界が見られるかも、楽しめるかも」という思いがありました。そういったところも、みなさんに楽しんでいただけると感じています。自分自身が見たいと思うキャスティングができたと思いますが、どの組み合わせの回も素晴らしいです。毎回観にきてほしいですね。小見山さんの台本が8冊あるので(笑)。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル