top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

高橋英樹が「新・看板ドラマのクランクイン」を宣言「十津川警部」の次はこれだッ

アサ芸プラス

 高橋英樹が1月21日、自身のブログで「ドラマの衣装合わせ」をしたと報告。待望の新作がクランクイン間近と知ったファンからは、喜びの声が上がっている。

 高橋は「本日は来週末からクランクインのドラマの衣装合わせ」「メインスタッフとの打ち合わせでもあります」と書いている。ただし、ドラマのタイトルは明らかにしていない。いったいそれは何か。

 高橋は00年から出演してきた「西村京太郎トラベルミステリー十津川警部シリーズ」(テレビ朝日系)が、昨年12月29日に最終話を迎えたばかり。続編を望むファンの声もむなしく、これが最後の作品となった。

 だが、シリーズ化された出演ドラマは「十津川警部」だけではない。20年に始まった「再雇用警察官」(テレビ東京系)は刑事モノのシリーズということもあって、「十津川警部」に代わる新たな看板ドラマとして有力視されている。

 そして今回、高橋が報告した衣装合わせこそ、まさに「再雇用警察官」に向けてのものとみられるのだ。それは「あるポイント」からわかるのだと、テレビ誌記者が指摘する。

広告の後にも続きます

「ブログの写真を見ると、灰色のジャケットを羽織り、その下はベストとシャツ。ネクタイはしていません。これは明らかに『再雇用警察官』で高橋が演じる主人公・安治川信繁の衣装なんです」

 もとより高橋は、昨年12月7日のブログに「新年1月なかばから撮影予定の再雇用警察官!」という一文を投稿をしている。ただ、今回のブログから判断すると、クランクインは1月末に伸びたようだ。

 そんな「再雇用警察官」は第4作まで放送されており、まもなく撮影が始まるのは第5作ということになる。原作小説の「再雇用警察官」シリーズも年に1~2作のペースで5作品が出ており、その中でまだドラマ化されていないのは、5作目の「再雇用警察官 究極の完全犯罪」のみ。おそらく、これが原作になるとみていいだろう。

 クランクインの時期から考えて、3月頃には第5作が放送されるのではないか。はたしてどんなふうにドラマ化されるのか、今後も高橋のブログ内で報告されるであろう「ヒント」が注視される。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル