top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

最強寒波で“オールシーズンタイヤ”に賛否「降雪地帯を走るのは絶対にやめてくれ」

週刊実話WEB

(画像)Frederic Legrand – COMEO / shutterstock

「10年に一度」と言われる最強寒波の到来で、列島各地は記録的な大雪となっている。

特に1月24日から25日にかけては積雪が急増しており、「12時間降雪量」の最大値は、長野県菅平で46センチ、神戸市で4センチ、和歌山市で6センチと、いずれも統計開始以来1位の記録を更新。ニュースでは、スリップ事故や、車が立ち往生して大渋滞を起こしているシーンが繰り返し流れている。

【関連】2月に記録的大雪の予想!? ラニーニャ現象から命を守るエアコントラブル解決策 ほか

こうした報道が増えるたびに問題視されるのが、雪道を「ノーマルタイヤ」で走るドライバーの存在。近年は、あちこちで注意喚起していることもあり、事前に「スタッドレスタイヤ」を用意するドライバーも増えてはいるが、いまだにノーマルタイヤで雪道に突っ込む無謀なドライバーが一定数存在し、渋滞の元凶とされているのだ。

「否定している人は持ってないだけ」

そんな中、注目されているのが「オールシーズンタイヤ」だという。

広告の後にも続きます

「オールシーズンタイヤとは、ドライな路面だけでなく、圧雪された雪道も走行可能なタイヤのことで、その名の通り、1年を通して使用できるのが特徴です。欧州ではサマータイヤからの切り替えが顕著になっており、数年前からトレンドになっています」(自動車雑誌の元編集者)

近年は日本でも人気が高まっているというが、そこで勃発したのが「オールシーズンタイヤの雪道使用論争」だ。

ネット上は賛否両論。

《降雪地帯をオールシーズンタイヤで走るのは絶対に止めてくれ。事故って迷惑かけるなよ》

《冬はスタッドレスタイヤ履けよな。オールシーズンタイヤは気休めにしかならない》

こうした否定派が多い一方、実際に使用しているユーザーからはこんな声も。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル