top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー」米アカデミー賞に5部門ノミネート

WEBザテレビジョン

「ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー」米アカデミー賞に5部門ノミネート

「ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー」や「私ときどきレッサーパンダ」など、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」配信の映画やアニメーション、ドキュメンタリーが第95回アカデミー賞にて、4作品で合計8部門にノミネートされた。

■アカデミー賞 助演女優賞にノミネート

映画界最高の栄誉であるアカデミー賞のノミネートが1月24日(現地時間)に発表され、ディズニープラス配信の映画作品が計8部門のノミネートを獲得した。

先日発表されたゴールデングローブ賞でアンジェラ・バセットがMCU初の助演女優賞を獲得した「ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー」(2月1日配信開始)は、アカデミー賞でも助演女優賞にノミネート。

さらに衣装デザイン賞、メイキャップ&ヘアスタイリング賞、視覚効果賞、歌曲賞と、5部門ノミネートを獲得。前作は3部門(作曲賞、衣装デザイン賞、美術賞)の受賞だったが今回は何部門受賞するのか。

そして、MCU初のアカデミー賞助演女優賞候補のアンジェラ・バセットが念願の初オスカー獲得となるか注目だ。

なおアンジェラ・バセットはディズニープラスの「スター」で配信中の「ティナ」で主演女優賞にノミネートされて以来、2度目のアカデミー賞ノミネート。

■長編アニメーション賞にノミネート

また、今を生きる人々を笑顔で包み込み、明日への元気をくれる物語「私ときどきレッサーパンダ」が長編アニメーション賞にノミネート。

この部門の常連であるディズニー&ピクサー作品はなんと7年連続ノミネート。今回受賞すれば「トイ・ストーリー4」以来3年ぶり、そしてディズニー&ピクサーの11作品目のアカデミー賞長編アニメーション賞となる。

そして、昨年のサンダンス映画祭でプレミア上映されると大きな話題となった、勇敢なフランス人科学者であるカティアとモーリス・クラフト夫婦が愛する火山との運命的な関係を描いた物語「ファイアー・オブ・ラブ 火山に人生を捧げた夫婦」がドキュメンタリー賞にノミネート。

さらに、戦時中のカトリック系女子校を舞台にクリスマスケーキを巡って描かれる、無邪気さと欲望と幻想の物語「無垢の瞳」が短編映画賞にノミネート。

毎回数々の伝説を生むアカデミー賞、今年の第95回アカデミー賞ではどのような伝説が生まれるのか、授賞式は3月12日(現地時間)予定。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル