top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ナワリヌイ氏の独房レプリカ、ロシア大使館の向かいで公開 独

時事通信ニュース




【ベルリンAFP=時事】ドイツの首都ベルリンにあるロシア大使館前の道路を挟んだ向かい側に 24日、ロシアの反体制派アレクセイ・ナワリヌイ氏(46)が入れられている独房のレプリカが支持者によって公開された。≪写真はナワリヌイ氏が収容された独房のレプリカ≫
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の最大の政敵であるナワリヌイ氏は過去2年間、首都モスクワの東約230キロに位置する町ウラジーミルの外れにある最も警戒が厳しい刑務所に収容されている。
支持者らは、ナワリヌイ氏が悲惨な環境で拘束されていることへの認識の向上を期待している。
レプリカはナワリヌイ氏が収容されたことのある懲罰房を再現したもので、幅約2.5メートル、奥行き3メートル。来場者は中に入って追体験することができる。
24日にはナワリヌイ氏の弟オレグさんも現地を訪れた。オレグさん自身も刑務所に3年半収容されたことがあり、インスタレーションの設計にも携わっている。
壁の一方に設置された小窓からは光が差し込み、小さな流し、トイレと簡素な折り畳み式ベッドをぼんやりと照らしていた。
ボランティアによると、インスタレーションは、ロシアのウクライナ侵攻から1年の節目を迎える2月24日の前日まで、スタッフ常駐で24時間公開される。【翻訳編集AFPBBNews】

TOPICS

ジャンル