top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『東京卍リベンジャーズ』クライマックスへと向かう最大の謎「最後のタイムリープ」を考察

Real Sound


※本稿は、『東京卍リベンジャーズ』(和久井健/講談社)のネタバレを含みます。同作を未読の方はご注意ください。(筆者)

 世界累計発行部数7000万部突破――和久井健の大ヒット作『東京卍リベンジャーズ』の最終巻となる31巻が、1月17日に発売された。また、現在テレビアニメの第2期(「聖夜決戦編」)が放送中、4月・6月には、2部構成で実写映画の第2作(「血のハロウィン編」)が公開予定であり、当分の間、「東リベ」ブームが収まることはないだろう。

 そこで本稿では、同作の“最大の謎”ともいうべき、主人公・花垣武道(タケミチ)の「最後のタイムリープ」について考えてみたい。

タケミチの最後のタイムリープの謎とは

 『東京卍リベンジャーズ』の最終章――現代(2018年)から過去(2008年)にタイムリープし、二代目東京卍會の総長となったタケミチは、多くの仲間たちが見守る中、関東卍會総長の佐野万次郎(マイキー)とタイマンを張る。そして、激闘の末、マイキーの心を蝕んでいた呪い(黒い衝動)を受け止め、その場で力尽きる……。

 一方、我に返ったマイキーは、絶命した(と思われる)タケミチの手をつかんで、涙を落とす。と、その瞬間、タケミチの「最後のタイムリープ」が発動するのだ。

広告の後にも続きます

 気がつくと、彼は1998年――小学1年生だった頃の世界にタイムリープしていた。

 まず、ここである疑問が生じる。ファンの方はご存じだと思うが、この『東京卍リベンジャーズ』という物語の中では、いくつかの例外(後述する)を除き、基本的には、タイムリーパーはトリガーと握手をすることで、過去と未来(現代)を行き来するのである。

 そのタイムリープの仕組みからすれば、2008年のマイキーが手をつかんだ瞬間、タケミチは再び現代(2018年)へと戻って来るはずなのだ(注・タケミチのトリガーは、本来は橘直人という人物なのだが、この最終章でのタケミチは、2018年のマイキーがトリガーになり、2008年にタイムリープしていた)。

 つまり、前述の場面では、“トリガーであるマイキーがタケミチの手をつかんだことで、タイムリープ現象が発動した”ということまでは理解できるのだが、なぜこれまでのように未来(現代)に戻るのではなく、1998年というさらなる過去へと遡っていったのかが疑問なのである。

 ただし、この疑問については、タイムリーパーであるタケミチ、あるいは、トリガーであるマイキーが、無意識のうちに、“未来(現代)よりも過去に行きたい(行かせたい)”と念じたから、という説明ができなくはない。

 しかし、その過去――1998年の世界には、実は、タケミチだけでなく、(トリガーであるはずの)マイキーも一緒にタイムリープしていた、となると話は別だ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル