top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

香取慎吾、初のアリーナ公演「カラダの水分0%」になるほどの渾身パフォーマンスで魅了

WEBザテレビジョン

香取慎吾、初のアリーナ公演「カラダの水分0%」になるほどの渾身パフォーマンスで魅了

1月21日、22日、東京・有明アリーナにて、香取慎吾のライブ「Black Rabbit」が開催された。ソロアーティストとしてアリーナクラスの会場での公演が初となる今回のライブをリポート。

■オープニングから約30分ノンストップでパフォーマンス

会場は、開始前から香取の登場を今か今かと待ち焦がれる約1万人のファンの手拍子で包まれた。予定を15分ほど過ぎた頃、ついに客電が落ち、会場がペンライトで緑色に染まる中、オープニングVTRに続き白のロングジャケット姿の香取が登場。「Metropolis」でライブがスタートした。ダンサーを従えて踊る姿はカリスマ性に溢れ、身長180cm超の香取にはやはりこのような大きなステージが似合う。女性ダンサーと次々に絡んでセクシーな雰囲気で魅了し、上手に下手に動いて端の観客にまで配慮を見せたり、センターステージに来てすべての方向を向いて歌ったり…と約30分ノンストップで「I’m so tired」「10%」など6曲を披露して、MCタイムに突入。

鳴りやまない拍手の中、「みなさんこんにちはー!ようこそ!『Black Rabbit』in有明アリーナ―!!ありがとう」と叫んだ後、上がった息がなかなか整わず、しばらく肩で息をする香取。その様子に会場からクスクス笑いと熱演をねぎらうようにひときわ大きな拍手が起きる。それに対し「笑ってるけど、久々のスタンディングでみんなだって同じなんでしょ」と逆襲。今回は立って観覧することが久しぶりに許された公演で、観客は総立ちで全身で楽しんでいた為、「疲労度は同じ」と言いたかったようだ。

「楽しいっ!最高っ!!」。ありったけの大声で嬉しさを表した香取は、「こんな大きい所で、1人でライブをする日が来るとは」と大感激。アリーナから4階席まで、すべての階層の観客に呼びかけて喜びを嚙みしめていた。「元気、最高の気分も10%なんだけど、カラダの水分は0%です」と、曲のタイトルに掛けて最初のセクションで既に限界突破していることを告げ、「最後まで思いっきり楽しもうや!」と観客を煽って、次のセクションへ。

■止まらない声援代わりの拍手に「拍手で泣かすなよぉ」

“SNGダンサーズ”の紹介タイムを経て、きらびやかな黒のタキシードで登場した香取。と共に後ろのLEDが開き、生バンドが登場。ビッグバンド風のアレンジの「こんがらがって」で2ndセクションがスタートした。「slom Jam」をしっとり聴かせた後は色とりどりの衣装のダンサーと共に披露した「シンゴペーション」で、有明アリーナを華やかなジャズクラブに変えた。

観客は声援が送れないかわりに、楽しい気持ちや香取に対する想いを精一杯の拍手で彼に届ける。いつまでも止まない大拍手を両手を広げて全身で受け止めた香取は「拍手で泣かすなよぉ」と言い、その言葉にさらに拍手が大きくなった。

MCでは、公演の直前に稲垣吾郎から珍しく電話があり、昨日の公演を観た感想を告げられた事をファンに報告。稲垣が来る事は知っていたが、ライブが楽しすぎて公演中はその事をすっかり忘れてしまっていたんだそう。稲垣は「素晴らしいショーだった。あの曲で泣けた」と称賛したそうで、香取が小5の時からの仲の稲垣に褒められたことを照れながらも嬉しそうに語っていた。そして稲垣は、自分の方を見て香取が手を振ってくれた時、「嬉しい想いってこういう感じなんだ」と実感したと告げたんだとか。香取は「……今さら?」と言い、「これからは稲垣吾郎はたくさん手を振ってくれると思います」と笑わせていた。

■「こんな大きな所で皆さんと過ごせてるのは、信じられないんだ。嬉しくて」

その後、“SNGバンド”のメンバー紹介タイムでは、ダンサーの時と同様に、1人ずつLEDにステージでのパフォーマンスと共に、名前、リハの姿、そして素の笑顔ショットが映し出される。バックダンサーやバックバンドも“NAKAMA”なのだという香取の想いが感じられる演出だ。

チェックのロングジャケットに着替えた香取は、バンドサウンドでロック色が強くなった「Neo」を熱唱。そして「Anonymous」、は全身赤の衣装、赤い照明、ペンライトも赤、の赤一色の世界で披露された。

「楽しい時間はあっという間で…」との香取の言葉で、ライブはもう終盤なのだと気づかされた。「子どもの頃からステージで歌って踊ってきた」と話し始めた香取は「改めて、こんな大きな所で皆さんと楽しい時間を過ごせてるのは、本当にね…信じられないんだ。嬉しくて」と一言一言大切にしながらファンに語りかける。先輩のバックで踊りながら、自分も前で踊ってスポットライトを浴びたいと思った事、その後、自分たちがメインとなり色々な会場…大きな会場でも公演できた事。小学生のときにマイケル・ジャクソンの東京ドーム公演に行き、マイケルと目が合った気がした事、そして、自分たちの初ドーム公演の時にステージに手をついて「マイケル、やっとここまで来たよ」とつぶやいた事、そのあと、また手をついて「マイケル、1回ステージを降りるね」と告げた事…。そこから明治座、京都劇場と単独公演を成功させ、アリーナクラスのステージに今、立てている事。

「こんな大きな所で、大好きな歌、ダンス(ができて)、みんなの笑顔を見る事ができて、ほんっとに幸せです。ありがとう」。大きなステージに立つのは決して当たり前な事ではないのを実感した彼は、超満員の会場を目に焼き付けるように見回し、「これからもずっとずっとみんなと一緒に楽しい時間を過ごしましょう。一緒に明日を生きましょう。一緒に頑張りましょう」と言って、「ひとりきりのふたり」を歌い始めた。語りかけるような歌声で歌詞がしっかり伝わってくる。生で聴くバラードでは、まっすぐで伸びやかな歌声が際立ち、歌のうまさに改めて気づかされた。

■アンコールで新曲「BETTING」初披露

感動で会場を包んで本編が終了した後は、アンコールで「BETTING」を初披露。盟友・草なぎ剛の主演ドラマ「罠の戦争」の主題歌で、韓国のボーイズグループ・SEVENTEENとのコラボでも話題の新曲だ。続く「東京SNG」でテンション最高潮の中、「また一緒に遊ぼうねー!愛してまぁーす!」と声の限り叫び、すべての観客に手を振る香取。徹底的にみんなを楽しませたい、というサービス精神がこれでもかと感じられたライブだった。

そして特筆すべきは、約2時間、ほぼ生歌だったこと。激しいダンス曲では音源を使うアーティストも多いが、香取は踊りながら歌った。しかも音程はブレず、息継ぎも完璧。なかなかできることではない。歌詞を何度か間違えたことを悔やんでいたが、それもナマの醍醐味。サービス精神、パフォーマンス、すべてに長けたグレイテストショーマン・香取慎吾に、楽しくて幸せな時間をプレゼントされた気持ちになった。

◆取材・文=鳥居美保/構成・ザテレビジョン編集部

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル