top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

森七菜と奥平大兼がもたれかかって眠る 『君は放課後インソムニア』特報映像公開

Real Sound

『君は放課後インソムニア』©オジロマコト・小学館/映画「君ソム」製作委員会

 6月に全国公開される森七菜と奥平大兼のW主演映画『君は放課後インソムニア』の特報映像とティザービジュアルが公開された。

参考:森七菜×奥平大兼W主演で『君は放課後インソムニア』実写映画化決定 監督は池田千尋

 本作は、2019年より『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて連載中のオジロマコトによる同名漫画を、映画『東南角部屋二階の女』やテレビドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系)の池田千尋が監督を務め実写化する青春映画。映画『東京リベンジャーズ』シリーズを手がける髙橋泉が池田監督と共に共同脚本として参加している。

 公開された特報映像は、奥平演じる丸太が「今日も眠れなかった」と夜明けを待つショットから始まり、「一人じゃどうしようもできなくて……」と心情を吐露し、一点を見上げる。その後、「心配かけちゃうから」と、一人で悩みを抱えていることに少し感情が高ぶった様子のセリフとともに、森演じる伊咲が橋の上から遠くを見つめる寂しそうな表情が映し出される。「そしたら、ここがあって……」というセリフの中、伊咲と丸太が何かにもたれかかって眠っているシーンへと変わる。

 満天の星空に映し出されるメインコピー「誰にも打ち明けられなかった秘密が、二人を繋ぐ」にあるように、二人は“不眠症”という共通の悩みを抱えている。花火を見たり、望遠鏡を設置したり、二人の仲が良さそうなシーンが展開されるも、「まだ、起きてる?」という伊咲のセリフと寂し気な表情を浮かべるシーンで映像は締められている。

広告の後にも続きます

 あわせて公開されたティザービジュアルでは、夕焼けをバックにこちらを見つめる森と奥平の様子が写されている。

 さらに、特製クリアファイル付きのムビチケが1月27日より発売されることが決定した。(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ランキング

ジャンル