top_line

「過去10年で最大」予想のスギ花粉 今年すでに飛散を感じる割合は…

Sirabee

スギ花粉のアレルギー症状を持つ人にとっては、今年も辛い季節がやってきた。とくに今年の花粉飛散量は「過去10年で最多」とも報じられている。


画像をもっと見る■今年は「過去10年で最大」予想

昨年12月、環境省は11〜12月にかけて全国34都府県においてスギの雄花の状況を調査。その結果、12都府県において雄花の数が過去10年の最大値を超えたと発表している。

鼻水や上気道のムズムズ感、頭重感といった症状は、風邪や新型コロナウイルス感染症に似た部分もあり、誤解につながる恐れも。地域差はあるがおおむね2月から4月がピークとされるスギ花粉の飛散。今年、すでに花粉を感じている人はどれくらいいるのだろうか。


関連記事:スギちゃん、夫婦で5年ぶりに… 妻想いの言動に「素敵」の声集まる

■3割が「すでに感じる」

Sirabee編集部が、今年1月18日〜21日にかけて、全国10〜60代のスギ花粉症男女465名を対象に調査したところ、全体の34.6%が「今年すでにスギ花粉飛散を感じる」と回答。少数派ではあるが、すでに3人に1人は花粉症に苦しみ始めていることがわかる。


■北関東では4割超え

広告の後にも続きます

なお、地域別では北関東で最も割合が高く、42.9%が「すでに感じている」と回答。全国で唯一4割を超えた。また、北海道・東北や北信越といった寒さが厳しく雪深いエリアでは2割にとどまり、スギ花粉症が始まっている人は比較的少ないようだ。

(文/Sirabee 編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2023年1月18日~1月21日
対象:全国10代~60代のスギ花粉症男女465名(有効回答数)

TOPICS

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル