top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【MotoGPコラム特別編】スズキからホンダへ!? ジャーナリストも想定外、日本人・日本企業同士での“頭脳”移籍は何を意味するのか?

motorsport.com 日本版

 スズキで長年にわたり技術監督を勤めてきた河内健氏は、同社のMotoGP撤退に伴い、2023年シーズンからHRC(ホンダ・レーシング)のテクニカルマネージャーとして活動する。この〈電撃移籍〉が意味することについて以下で少し考察をしてみたい。

■想定外のスズキ→ホンダの移籍

 河内氏がどうやらHRCに加入するようだ、という話を最初に聞いたのは、たしか1月10日頃だったように思う。欧州のジャーナリスト仲間と話をしているときに、その話題になった。なるほど、と納得できたのは、昨年12月のシーズンレビュー取材の際に河内氏と交わした何気ないやりとりを思い出したからだ。

 録音機器を前にしたインタビューを終え、部屋から出て荷物をまとめているときに冗談交じりで

「スズキはもうMotoGPを撤退するんだから、たとえばKTMあたりに移籍すればどうですか?  河内さんくらいの実績があれば、高いギャラですぐに雇ってもらえるでしょ」

 そう言うと、河内氏は

「お、いいですね」と笑った。

 そして、「でも、ヨーロッパ企業はすぐに雇ってくれるかもしれないけど、すぐにクビになっちゃうじゃないですか」そう言ったあと、

「いい話があれば、また教えてください」

 と会話を締めた。

 別れ際に「来年もよろしく」と言われたときには、「ん? 来年??」と一瞬思ったものの、とくにその言葉を深読みすることもなく挨拶を返し、その場を後にした。

 とはいえ、このときの会話はあくまでもただの雑談にすぎない。

 年が変わると、河内氏移籍の「噂」は少しずつ欧州メディアの俎上にあがりはじめ、やがてレプソル・ホンダ・チームのチームマネージャー、アルベルト・プーチがこれを事実として認めたことがニュースとして報じられるに至った。

 考えてみれば、ジョアン・ミルとアレックス・リンスの元スズキライダーが2023年シーズンからはホンダライダーになるのだから、彼らを技術面からずっと支えてきた河内氏もまたホンダへ移って技術面のサポートを行うことは、たしかに理にかなった結論ではある。

 だが、スズキ株式会社の正社員である河内氏がライバルだった企業のレース活動に「転職」しようとは、正直なところ、この12月末段階では予測できなかった。というのも、日本の企業人が同業他社へ移籍することは、MotoGPの世界ではおよそあり得ない、という先入観が自分の中にあったからだ。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル