top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「釣りのサムネが多すぎる」 ヒカル、自身の「切り抜き動画」禁止を発表「プラスに働いていない」

J-CASTニュース

YouTuberのヒカルさんが2023年1月21日、自身にまつわる「切り抜き動画」をYouTubeに投稿することを4月から禁止すると発表した。

「切り抜き動画がプラスに働いてない」

「切り抜き動画」とは、長時間のライブ配信や動画における印象的なシーンを、元ネタとなるコンテンツの権利者から許可を得た上で、抽出・再編集してアップした動画のこと。投稿者の多くは、収益を得ることを目的としている。

「ヒカルのYouTube動画切り抜きを禁止し削除することにしました(2023年4月から実施)」と題して公開した動画でヒカルさんは、「僕に関連する切り抜き動画を、4月から一斉に禁止しようと思います」と伝えた。

「切り抜き動画がプラスに働いてないと数か月前から思っていた」というヒカルさん。プラスに作用していないと感じた理由としては「釣りのサムネタイトルが多過ぎる」。「『ヒカル』に対して間違ったイメージを持たせる切り抜きが多過ぎて。プラスブランディングになっていないと思ったんですよ。バズってるやつは全部マイナスなやつばっかりで。もちろん、一部良いのもあったりするとは思うんですけど」と語った。

なお、TikTokへの切り抜き動画はこれまで通り許可し、あくまでもYouTubeにアップされた切り抜き動画を禁止の対象にするという。

4月以降は「削除の依頼を出す」

広告の後にも続きます

また、4月からの禁止と一定の猶予期間を設けたのは、「いきなりバタッとやめると、もしかしたら切り抜きで生計を立てている人もいるかもしれない」との配慮があったからで、「ただ、納得できない人もいると思うので、それに関しては申し訳ないなと思います。すいませんでした」と謝罪した。

さらにもう一つの理由として、「『ヒカル』と検索した時に、切り抜きが上にあがるから」とも。「『おすすめ』に切り抜きがバチバチあがってるから、本家の動画が見分けられないっていう声がめっちゃ多かったんですよね」と明かした。

切り抜き動画について、ヒカルさんは「もちろん、プラスもあると思うんですけど、なくなったほうがプラスは大きいんじゃないかっていう判断でナシにしました」と説き、「もし4月以降に切り抜き動画をあげている人がいれば、連絡してもらえれば、随時削除の依頼を出して対応していくので。それもこちらからしたら面倒くさいので、あげないようにお願いします。あげたらどうせ消していくので。お互い時間の無駄が生まれちゃうだけなので」と語っていた。

TOPICS

ジャンル