top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

表参道にバンクシー作品?話題の電柱アート目隠しに 東電「混乱回避と景観保護のため」…残念がる声も

J-CASTニュース

東京都内の電柱で、正体不明の芸術家バンクシーの作品らしき絵が見つかったものの、2023年1月24日までに目隠しされたことが分かった。

電柱を管理する東京電力パワーグリッドは取材に「現場の混乱回避と景観保護のために張り紙防止シートで被う対応をしました」と話す。

「これは心から残念です」

絵は、東京・表参道の路地裏にある電柱で見つかった。トランクケースを持ったネズミが傘をさしている落書きだった。

同じとみられる絵が、19年1月に東京都港区の防潮扉で発見されている。小池百合子都知事は当時、「バンクシーの作品かもしれないカワイイねずみの絵が都内にありました!東京への贈り物かも?カバンを持っているようです」と興奮気味にSNSで報告していた。

都は「公共物への落書きは決して容認できるものではありません」としつつ、都民からの要望を踏まえ、日の出ふ頭2号船客待合所に展示している。

広告の後にも続きます

今回の絵は、1月中旬にフジテレビが紹介するなどして注目を集め、バンクシーとの関連が取り沙汰された。近隣店舗の担当者は「夜は人通りも少ないので来日したことがあるなら本物かも」と推測する。

しかし、電柱を管理する東京電力パワーグリッドは20日、シートで覆って見えないようにした。ツイッターでは惜しむ声が見つかり、「バンクシー展GMOデジタル美術館」を主催するIT大手GMOインターネットグループの熊谷正寿会長兼社長は「東電さん。これは心から残念です。バンクシーも悲しんでると思う」と落胆した。

これまでは広告で見えず

東京電力パワーグリッド広報は24日、J-CASTニュースの取材に「現場の混乱回避と景観保護のために、張り紙防止シートで被う対応をしました。こちらは通常の落書きへの対応と同様になります」と答える。

この電柱には、06年10月31日から22年10月25日まで広告が掲出されていたという。グーグルマップで20年3月時点を見ると、絵は確認できない。掲出期間が終わり、その下から「姿」を現したことで関心を集めたようだ。

現状、消去など追加での対応はしておらず、「行政の指導を伺いながら検討をする予定です」とした。

ストリートアートをめぐっては、覆面アーティスト・インベーダーの作品も議論になった。東京・渋谷区の高架下にタイル絵「鉄腕アトム」を描いていたが、区が22年6月に撤去した。同じ絵柄の作品が過去に122万ドル(約1億5800万円)の高額で落札されていたこともあり、賛否寄せられた。

TOPICS

ジャンル