top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機

アサ芸プラス

 3月に開幕する「第5回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)」。14年ぶりの世界一奪還に向け、大物メジャーリーガーが続々と参戦を表明。「史上最強」との呼び声も高いが、思わぬ落とし穴が──。

 去る1月6日、栗山英樹監督(61)は12名の一次メンバーを先行発表。村上宗隆(22)、山本由伸(24)ら9名の国内組に加え、かねてから参加を表明していた大谷翔平(28)、ダルビッシュ有(36)、鈴木誠也(28)のメジャー組3人が名を連ねた。

 マリナーズ(当時、以下同)のイチロー(49)、レッドソックスの松坂大輔(42)ら日本人メジャーを擁してV2を成し遂げた09年の第2回大会の再現となるか。期待が膨らむ中、スポーツ紙デスクはこんな不安を口にする。

「大谷らメジャー組が日本代表としてグラウンドに立つのは間違いない。しかし、現時点では本人と栗山監督が意思を発信しているにすぎません。シーズン前の出場となれば、各所属球団を納得させなくてはいけないはずです」

 09年の大会前には、キャンプ地のサンマリンスタジアム宮崎に7日間で24万人以上の観客が詰めかけ、イチローがレーザービームのパフォーマンスで盛り上げる一幕もあったが、

広告の後にも続きます

「MLBや球団にとって選手は所有物。2月17日からは強化合宿、さらには25日からはソフトバンク、中日といった国内球団との強化試合が組まれていますが、メジャーの所属球団がどこまで参加を容認するかは、いまだ不透明な部分も多いのです」(前出・スポーツ紙デスク)

 たとえ本選への参加が認められたとしても、事前のフル参戦に黄色信号が灯りそうなのだ。

「MLBは各選手の拘束料も要求してきます。3月からしか認めていない拘束を2月からなどとすればなおさら。各球団とも吹っかけてきますから、各国代表のロースターを巡って水面下でモメているようです」(在米ジャーナリスト)

 さらには高額な保険料の問題も浮上する。

「WBCの影響で、その後のレギュラーシーズンに支障をきたしては一大事。そのため少なくともアメリカ代表は大会期間中、何かあった時のために所属球団の了承を得て保険に入るのです。この保険料が超高額で、財政難のNPB(日本野球機構)が負担できるわけがない。推定年俸25億円のダルビッシュ、40億円の大谷など、チームの主力メンバーの保証をどう考えているのか。先行きが見えないからこそ、一転して不参加というシナリオまで危惧されているのです」(メジャー担当記者)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル