top_line

“将来不安”の元CA、20代女性が選んだセカンドキャリア「お金をしっかり学びたかった」

日刊SPA!

“将来不安”の元CA、20代女性が選んだセカンドキャリア「お金をしっかり学びたかった」

 今も昔も女性が憧れる仕事のひとつにCA(キャビンアテンダント)がある。華やかなイメージのある職業だが、ここ数年の航空業界はコロナ禍の大きな影響を受けてきた。そんななかで、セカンドキャリアを歩み始める人もいる。CAで学んだ接客力や傾聴力を生かして成果を上げる人も少なくないが、航空会社のCAを4年間勤め、現在は不動産投資の営業を務めるネクスウィルの松田美江さん(25)もその一人だ。

 CA時代は機内トップセラーを2年連続で受賞し、今の会社では年間200回以上のセミナーに登壇。さらには、若年層のマネーリテラシーを向上させるために、SNSで発信も行っている。CAから異業種へ転職した詳しい背景や、赤裸々な家計事情について松田さんに聞いた。彼女が今後目指すものとは……。

◆19歳で憧れのCAに。独特の生活リズムに苦労

 幼少期から英語に親しんできた松田さん。小学校から英語を習い始め、中学校では英語のディベート大会に参加していた。

 英語にどっぷりと浸かった生活を送りつつ、高校時代はアルバイトで接客を経験。いつしか「英語」、「接客」、「海外」が好きになったそうだ。

「英語で接客ができて、かつ海外にも行けるCAに憧れるようになって。母親からも『航空大学へ通って本気でCAを目指せば?』と後押ししてくれたこともあり、航空大学へ進学することに決めたんです」(松田さん、以下同)

 そして、在学1年目に大手航空会社「バニラ・エア」に内定をもらい、フライト業務をこなしながら大学を卒業する。19歳でCAになるという夢を掴んだ松田さん。しかし、華やかなイメージとは裏腹に、苦労したことも多かったとか。

「朝早くから勤務したり、深夜フライトで夜遅くまで機内で過ごしたりと、とにかく生活リズムが不安定でした。決まった時間に寝れないので、不眠になることも。今思うと、結構辛かった部分もあります。当時は国内線と国際線の両方のCAを務めていたので、1日に4便乗ることもありましたね。

『日本を出発し、泊まるのが海外』というのも日常茶飯事で、特にベトナムやフィリピンなど東南アジアの国では、お腹を壊さないように食べる物にも気を遣っていました。そういうときは決まって、ホテル近くのレストランやスーパーで買い物をするんですが、そのぶん食費もかさんでしまい、ぜんぜん貯金もできるような状況ではありませんでした」

◆プラスアルファの声がけで機内トップセラーを受賞

 それでも4年間勤めたCA時代のうち、機内トップセラーを2年連続で受賞するなど、仕事にはやりがいを感じて日々楽しく過ごしていたそうだ。

「『機内トップセールス』と聞くと、お客様に売り込むイメージを抱くかもしれませんが、私は、『お客様が話しかけやすいCA』になることを心がけていました。体調を崩したとき、アクシデントが起きたとき、子供が騒いでしまったときに気兼ねなく話せる。そんな雰囲気を出せるよう、キャビンをゆっくり歩いたり、お客様と目線を合わせたり、何かサービスを提供する際も、『プラスアルファのお声がけ』を常に意識していました」

 何かカップに注いで飲み物を渡す際に「お大事にしてください!」と一言添えたり、機内の窓際に座って一丸レフカメラで外の景色を撮るお客様に、メッセージカードやシールなど無料の航空グッズを渡したりするなど、細やかなサービスを提供していたとのこと。

 こうすることで自然とコミュニケーションが生まれ、ミールや飲み物を頼むきっかけづくりにもなり、外国人のお客様からは免税品やスカイライナーのチケットも販売できたという。

◆将来に対する不安から異業種の不動産業界へ転職を決意

 着実に成果を残していたにもかかわらず、CAを辞めて新たなキャリアに進む決意を固めたのは「将来への不安と、もっと外の世界を知りたかったから」だと松田さんは語る。

「CAとして4年ほど勤めていましたが、給与はほとんど上がらず、さらにはコロナの流行によって、『仕事が減るリスクもある』と気づくきっかけになりました。というのも、フライトした時間に応じて給与が変わるため、コロナでフライトがなくなれば、金銭的な不安に繋がる。そう感じていたんです。漠然とこのままでいいのかと考えるようになりました。

 それと、本当にCAで給与を上げるには、昇進して教官にならないといけないわけですが、ライフステージが変わった時に別の選択肢を持っておきたくて。また、19歳の頃からCAのことばかり考えていたので、世間知らずだったんですよ。全く外の世界のことがわからない無知な自分を変えたいなと。そう思い、地上で働こうと思うようになりました」

 不動産業界を選んだのは、給与がしっかりしていて、さらには自分の人生と深く結びついているのが決め手になったそう。

「将来、結婚して海外に行ったとしても不動産の知識は使えますし、自分の手で稼げるようになりたかったので。会社に依存しないとお金をもらえないのが単純に怖くて。お金のことをしっかり学びたいという気持ちもあったので、会社の先輩からすすめられたFP(ファイナンシャルプランナー)の資格(2級)を取るために勉強も頑張りました。

 ただ、最初は初めて聞く用語も多く、通勤中に携帯アプリで勉強をしたり、退勤後や休日に参考書を使って勉強をしました。また、CAの頃はPCを使用する業務がなかったため、仕事でエクセルやワードを使ったのは初めてでした。そのため、入社後は基本から学び、ひとつずつ業務を覚えていきましたね。

 自分のスキルアップに繋がると思えば、たとえ異業種であっても臆せずに取り組む。このようなマインドを持って、不動産投資の営業を行っています」

◆不動産投資セミナーには年間200回以上も登壇

 FPの資格を取ってからは、松田さん自ら投資家向けの不動産投資セミナーを企画し、営業成績も向上していく。

 今まで年に数回しかやっていなかったセミナーを、松田さん主導で年間200回以上も開催するようになり、会社内でも頭角を現すように。

 現在は営業主任に昇進し、その傍ら人事や工法などさまざまな職務を担うマルチな人材として活躍している。

◆インスタで日々のリアルな“お金事情”を投稿

 また、Instagramでもお金に関する情報発信を行っている。

 投稿内容は「リアルな食生活7days」や「1ヶ月のリアルな生活費を大公開」など、“元CA港区OL”の日常を包み隠さずにさらけ出している。

 松田さんは「周りの友人でも気軽に見られるような、等身大の投稿を意識している」と話す。

「自分自身もマネーリテラシーがなかったので、世の中のお金に対する『怪しさ』や『いやらしさ』という気持ちもわかります。お金に対する正しい知識がなければ、『お金=ネガティブ』に捉えてしまうわけで、ネットには投資やお金儲けといった偏った情報ばかり蔓延している。

 このような状況がある一方、2022年4月には高校で金融教育が義務化されるなど、マネーリテラシーへの関心も高まっています。お金の知識は学歴や職種を問わず、いつからでも学べるので、私の投稿では10代~30代前半の若年層向けに、わかりやすさや入りやすさを重視しています」

◆「固定費に貯金を入れておく」が着実に貯蓄を増やすコツ

 松田さん自身もエクセルで家計簿をつけており、日々のお金の出入りを管理している。

 効率よく、確実に貯金する方法は「給与が入ったら、まず先に固定費に貯金を入れる」ことだと言う。

「20代の貯金額で、最も多い割合を占めるのが50万以下といわれています。それは給与が入ってきても、生活費を差し引いて余った金額を遊びや貯金に充てているから。私自身は毎月5万円を貯金すると決めていて、生活に無理のない範囲で先に固定費として貯金する習慣をつけることが大事になります。

 また、無駄な浪費をしないためには、生活リズムを正すことも重要です。日々の生活リズムが安定しないと、人間は心の不安を感じやすくなり、その不安を物で埋めようとして浪費癖や買い物依存症の原因になるとされています。『欲しい物』を買うのではなく『必要な物』を買う。このような意識づけが貯金する上で大切になってきます」

◆いきなりFIREを目指すのではなく…

 若年層が身の丈でできる貯蓄法や、FIRE(「Financial Independence, Retire Early」の略で「経済的自立と早期リタイア」という意味)を目指すために必要な意識とは何か。

 松田さんは「お金に関する正しい情報の選別や投資判断の仕方がわからずに始めると、失敗の元になるので、マネーリテラシーを身につけること」だと話す。

「本当にしっかりとお金の知識を身につけたい場合は、関連する書籍や新聞を定期的に読むといいでしょう。ただ今では、お金をかけて学ばなくても、ネットにはたくさんのお金に関する記事やブログ、YouTubeがあります。

 なので、そこから情報を得て、マネーリテラシーを少しずつ高めていくのもおすすめです。注意したいのは、ネットにはお金に対するネガティブな情報もあふれているので、偏った情報収集をせずに、いろんな視点から見るように意識するのがコツです」

 マネーリテラシーをつけた後は、つみたてNISAやiDeCo、ETFなど、初心者でもわかりやすい投資から始めるといいそうだ。

「20代は交際費や結婚資金など出費が増える年代ですが、お金に対する知識をつけ、少額でも将来に向けて投資をしておくといいでしょう。不動産投資は自己資金や年収が大事になるので、キャリアアップしてから取り組むのがベストです。

 最近だと、夫婦名義のものや所有者不明などの『訳あり不動産』も注目されていて、当社にも毎月100件くらいの案件が入ってきています。目利きが大事にはなってきますが、過去には訳あり不動産の投資で大きな利益を出した事例もあります。

 私自身も、40歳までにはFIREを目指しているので、これからもキャリアを磨き、投資で資産を増やし、お金に困らない生活を送りたい」

<取材・文・撮影/古田島大介>

【古田島大介】
1986年生まれ。立教大卒。ビジネス、旅行、イベント、カルチャーなど興味関心の湧く分野を中心に執筆活動を行う。社会のA面B面、メジャーからアンダーまで足を運び、現場で知ることを大切にしている

TOPICS

 
   

ランキング

ジャンル