top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

3000年前の「願いの井戸」が発見される。中には様々なお宝が入っていた

カラパイア



 ドイツ、バイエルン州の町で発掘を行っていたところ、古代の井戸が70あまりも見つかった。中でももっとも最近に見つかった井戸から、お宝が出てきたのだ。

 すべての古代文明にとって、水は人間の暮らしを支え、農業の成功を維持するための重要な資源だ。だから、自然の水源は神聖化され、儀式の対象となった。

 その地域にある泉は、石で補強されて井戸となり、まわりに人々が集うコミュニティになっていった。

 願い事を唱えるとかなうと言われる「願いの井戸」は、有史以前からヨーロッパの民間伝承につきものだ。 

 願いの井戸の魔法の仕組みは、人々が銅や銀などの金属を入れることで機能した。水に殺菌効果が得られるのだ。

青銅器時代の遺物がたくさん出てきた願いの井戸


 ドイツ、バイエルン州フュルシュテンフェルトブルック地区のゲルメリンクでは、2021年から発掘調査が行われている。

 ここは、9000年前に最初に人が住み始めたことがわかっていて、4000年以上農業が営まれていたことを示す証拠がある。

 現在までに、おもに青銅器時代と中世初期にかけての70を越える井戸と、1万3500点の遺物が見つかっている。

 しかし、今回新たに発見された井戸ほど、貴重なお宝が出てきたことはこれまでなかった。


ゲルメリンク遺跡で発掘された願いの井戸 / image credit:Marcus Guckenbiehl/ Bavarian State Office for the Preservation of Monuments

 新たな配送センターの建設中に、考古学チームは、内部が木ででてきている深さ5メートルの井戸を発見、発掘した。

 井戸の底がまったく損なわれずに残っていることがわかり、そこには、およそ3000年前に投げ込まれたと思われる青銅器時代の儀式用遺物の山が眠っていたのだ。


井戸の底から出てきた中世の陶器の一部 / image credit:Marcus Guckenbiehl/ Bavarian State Office for the Preservation of Monuments

豊作を願い井戸へ宝物を貢ぐ


 バイエルンの研究者が井戸の底の堆積層を調査したところ、装飾が美しい鉢、カップ、ポット類が70あまりも出てきた。

 これらは、青銅器時代中期に副葬品として墓に納められたものと同じようなタイプのものだ。

 これら容器はひとつひとつ細心の注意を払って井戸に納められたようで、完全に無傷なものが多かった。

 さらに、衣類につけるブロンズのピン、金属のコイルのようなもの、金属が巻かれた動物の歯のペンダントなども出てきた。


ゲルマリンクで建設工事中に見つかった井戸 / image credit:Marcus Guckenbiehl/ Bavarian State Office for the Preservation of Monuments

 バイエルン州遺跡保存局のマティアス・プファイルは、今日でも人々は願いがかなうことを祈って井戸や噴水にコインを投げ入れる習慣があると話す。

 3000年前の人たちが、井戸の中に貴重品を捧げた理由ははっきり特定できないが、豊作を願うための捧げ物だったのではないかと専門家は言う。

 井戸の堆積物を分析したところ、およそ3000年前に井戸に遺物が捧げられたとき、地下水が大幅に減少していたことが明らかになった。

 長い干ばつと不作のせいで、周辺の人々が水を求めて多くの高価な遺物や陶器を供物として捧げ始めたと推測される。


井戸から回収された、ブロンズの衣類用ピン、金属製のコイル、金属がまかれた動物の歯 / image credit:Marcus Guckenbiehl/ Bavarian State Office for the Preservation of Monuments

願いの井戸に金属を投げ入れることで殺菌効果


 ゲルマン人やケルト人は、泉や井戸を神聖な場所と考えていた。そのため、精神的な守護者として、神や女神をかたどった木製の像を水辺に建てることがよくあった。

 ゲルマン民族は、打ち負かした敵の甲冑や武器を、捧げ物として沼地や水源に投げ込んだ。これは、歴史家たちの多くが、こうした習慣が魔術をもつ願いの井戸に関する儀式の源であると考える理由だ。

 井戸にコインを投げ込むことは”幸運”だという迷信があるが、その人の願いがかなうかどうかは、コインがどのように落ちるかによるという。

 一般に、投げたコインが表を上にして着地すれば、井戸の神聖な守護者が願いをかなえてくれるが、裏だとかなわないらしい。

 しかし、ここで主張されている迷信くさい説はさておいて、古代の人たちは知らず知らずのうちに、銅と銀の両方による殺生物特性、つまり殺菌効果を利用していたのではないかと専門家は考えている。

 伝統的にコイン鋳造に使われるこのふたつの金属は、十分な量があれば、不純物の多い水を殺菌する作用があり、飲み水として安全に使えるようになるため、より”幸運”になるといえるかもしれない。

References:Magical-Mechanics Discovered In 3,000-Year-Old Wishing Well / written by konohazuku / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル