top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

三宅健、妻役の松井玲奈は「すごく肌がきれい」 「どうやってお手入れをしているのかな」

エンタメOVO

 2023年劇団☆新感線43周年興行・春公演「ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~」の制作発表が20日、東京都内で行われ、出演者の三宅健、松井玲奈、粟根まこと、寺西拓人、高田聖子、演出のいのうえひでのり氏ほかが出席した。

 シェークスピアの4大悲劇「オセロー」を大胆に翻案した話題作を12年ぶりに上演。舞台は1950年代の日本、関西の港町。そこでのし上がった沙鷗組の若頭・亜牟蘭オセロ(三宅)は、町の医師の娘・村板モナ(松井)と恋に落ち、やくざ稼業から足を洗うことを決意する。

 主演の三宅は「お話を頂いたときはとってもうれしかったです。今回、新感線に出演するのも初めてだし、シェークスピア作品に出演することも、関西弁をしゃべることも初めて。とにかく初めて尽くしの作品なのでとても楽しみです」と笑顔であいさつした。

 オセロの美しい妻・モナ役の松井も、劇団☆新感線は今回が初参加。「お芝居の人生における目標の一つだったので、今回組に呼んでいただけて夢が一つかなった気持ちです」と喜びのコメント。

 関西弁については、「あまり慣れていなくて、稽古中は四苦八苦しながら変なイントネーションでしゃべったりしているのですが、本番までにはバッチリ港町の空気を皆さんに感じてもらえるよう、頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

広告の後にも続きます

 2人はこれが初共演。三宅の印象を尋ねられた松井は「目がすごくキラキラされている。結構見つめ合うシーンがあるのですが、吸い込まれちゃいそう。その純真な視線が、今回のバージョンのオセロ役にぴったりだと感じていて、モナが引かれる気持ちが分かるなと思いながらお芝居をしています」と明かした。

 対する三宅は「お互いに好き同士、愛し合っている仲なので、距離が近いシーンが結構多いのですが、すごく肌がきれいです」と語った。

 照れる松井を前に、三宅が「本当に。僕、女性の肌の質感を見ちゃうんですよ。どうやってお手入れをしているのかなと思うぐらいツルツルです」と続けると、松井は「今震えました。稽古場に、もうスッピンで行けないです」と赤面して笑いを誘った。

 舞台は3月10日~28日に都内・東京建物Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)ほか、大阪で上演。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル