top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

足の「小指の爪」 大人になり小さくなる理由とは? “戻す方法”も形成外科医に聞いた

オトナンサー


小指の爪が小さくなるのはなぜ?

【えっ…】ネイル後の白い爪は要注意

 足の小指の爪を見たとき、以前よりも爪が小さくなったと感じる人がいるようです。ネット上にも「大人になってから足の小指の爪が小さくなり、爪を切りにくくなった」「小さ過ぎて恥ずかしい」という声が見られます。なぜ、大人になって、足の小指の爪が小さくなることがあるのでしょうか。形成外科医の高田女里さんに聞きました。

地面からの「圧」が関係

Q.大人になって、足の小指の爪が小さくなることがあるのは、なぜでしょうか。

高田さん「原因は幾つかあります。例えば、(1)小さな靴を履くことによる圧迫で小指が親指側に曲がり、『く』の字状に変形する内反小趾(しょうし)が起きている(2)自分の足よりもサイズが大きい靴を履くことにより、靴の中で足がずれて小指にダメージを与えている(3)爪を切り過ぎて深爪になっている(4)ビタミンやタンパク質などの栄養が不足している(5)歩くときのバランスがよくない(6)水虫になっている―などが挙げられます」

広告の後にも続きます

Q.どのような人が大人になってから、小指の爪が小さくなりやすいのでしょうか。

高田さん「ハイヒールや爪先のとがった靴を履く人です。また、大きなサイズの靴を履くことで、靴の中で足がずれてしまい、地面からの圧を足の指がしっかりと受けられない人も、足の小指の爪が小さくなります。

なぜなら、足は歩いたときに地面からの圧を均等に受けることで爪が真っすぐ生えるからです。寝たきりの人やその他の理由で歩行が困難な人は、小指の爪が小さくなっていることがあります」

Q.小指の爪が小さくなったことに気付いても、特に痛みなどの自覚症状がなければ、そのままにしておいて大丈夫なのでしょうか。あるいは治療、矯正した方がよいのでしょうか。

高田さん「先述したように、小指の爪が小さくなる原因は、よくないことばかりです。無症状であっても放置はよくありません。靴のサイズを見直すことや、歩き方を改善すること、爪切りで深爪にならないようにすることなどの必要があります。

小指の爪が割れる、巻き爪になっている、痛みがある、炎症が起きているようであれば、治療や矯正が必要になります。形成外科や皮膚科、爪専門のクリニックの受診をお勧めします。ただし、短すぎる爪は治療が難しいので、ある程度伸ばしてから治療することになります」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル