top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ティラノサウルスは賢かった。霊長類に匹敵する知能を持っていた可能性があるとする新説

カラパイア


 大型の肉食恐竜として恐れられていたとされるティラノサウルスだが、その生態は未解明な部分も多く様々な説が飛び交っている。

 これまで、力は強くてもあまり賢くはないとされていたが、新たな研究によると、もしかしたら現代の霊長類(サル)と同等の知能があったかもしれないという。

 まあそれが言い過ぎだとしても、少なくとも脳細胞の数なら、サルに匹敵していた可能性があるそうだ。

 『Journal of Comparative Neurology』(2022年12月15日付)に発表された研究によれば、なんとティラノサウルスは道具を使っていたとすら考えられるらしい。


知能に関連するニューロン密度が高かったティラノサウルス

 この研究では、現代の鳥とは虫類のデータから、脳の質量とニューロン(神経細胞)の数との関係を推定し、ティラノサウルスの大脳にどれだけニューロンがあったか試算した。

 それによると、ティラノサウルスの343グラムの脳には、およそ30億個の大脳ニューロンがつまっていたと考えられるという。

 さらに同じティラノサウルス科に分類されるアリオラムスの脳は73グラムで、10億個のニューロンがあったと推定される。これは現代のオマキザルに匹敵する数だ。

photo by Lothar Dieterich / Pixabay

道具すら使えた可能性、巨大で知能が高く、寿命が長い優れた捕食動物

 もしこの数字が賢さを反映しているとすれば、こうした恐竜は「ただ巨大だっただけでなく、寿命が長く、柔軟な認識力があり、これまでの想定よりずっと優れた捕食動物だったことだろう」と、論文では説明されている。

 ゾウ並みに大きく、二本足で俊敏に動き回り、マカクやヒヒのような認識能力まであったのだとすれば、きわめて優秀なハンターだったろうことは疑いない。

 エルクラーノ=アウゼル氏の主張は、いくつかの仮定を前提としたかなり大胆なものだ。

 それでも彼女は、ティラノサウルスはかなり早く大人になり、40年以上長生きし、さらに道具すら使い、そうした知識を仲間に伝えるだけの知能があったと述べている。

 彼女によれば、ティラノサウルスには「道具を使い、文化をつちかう現代の鳥類や霊長類に匹敵する認知能力があった」のだという。

photo by Lothar Dieterich / Pixabay

絶滅した動物の知能を知ることは可能なのか?この説に否定的な声も

 一方で、何人かの専門家から懐疑的な声があがっている。

 例えば、英ブリストル大学の古生物学者テス・ギャラガー氏は、「知能というだけで研究はむずかしくなる。行動を観察することもできない絶滅種の知能なら言わずもがな」と批判する。

 ティラノサウルスの知能が想像より高かった可能性は彼も否定していないが、道具まで使ったというのはさすがに言い過ぎだという。

 また専門家の間で多かった批判として、頭蓋骨の大きさが必ずしも脳と同じとは限らない点も挙げられている。

 今回の研究では、頭蓋骨の化石のCTスキャンから脳の大きさが推定されている。

 これはティラノサウルスの頭蓋腔が脳でいっぱいだったことを前提としているが、じつは彼らの脳は頭蓋の3割から5割程度しか占めていなかったという研究もある。

image credit:Jill White / Pixabay

 さらに知能の指標としては、脳の大きさや細胞の数よりも、脳のシワやシナプス結合などの方が重要であるという意見も多い。

 例えば、カラスはとても頭が良いことで有名だが、脳自体は小さい。ニューロンの数もヒヒより少ないが、それでも認知的作業をやらせるとヒヒよりも優れている。

 こう指摘する独デュースブルク・エッセン大学の動物学者カイ・キャスパー氏は、「動物の心はニューロンの数で決まるのではなく、その結合がキモなのかも?」と話す。

 骨と違って、柔らかい脳は残らない。それも恐竜の賢さを知る難易度を上げている要因の1つだ。

 エルクラーノ=アウゼル氏は、脳の大きさからからニューロンの数を推定する方法は、さまざまなほ乳類・鳥類・非鳥類恐竜で用いられてきた確かな手法であると主張する。

 その一方、この方法では脳を脳細胞の「均質なスープ」にしてしまうとも指摘する。実際の脳はそう単純ではなく、いくつかの層が重なったような組織だ。

ティラノサウルスは社会的な動物であるという説も

 だがティラノサウルスが道具を使うほど賢かったかどうかはさておき、彼らがただの暴れん坊ではなかったことを示唆する研究ならほかにもある。

 それによれば、ティラノサウルスは尻尾を優雅に揺らし群れで狩りをし、また愛をめぐって競う「>社会的な動物」だった可能性が高いのだそうだ。

References:T. Rex Was a Lot Brainier Than We Thought, Researcher Claims : ScienceAlert / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル