top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

絶好調の『相棒』に暗雲?「シャブ山シャブ子」めぐり大論争

女性自身

絶好調の『相棒』に暗雲?「シャブ山シャブ子」めぐり大論争

水谷豊(66)主演の刑事ドラマ『相棒 season17』(テレビ朝日系)に登場したキャラクター”シャブ山シャブ子”が大きな話題を呼んでいる。

 

15.2%という高視聴率を記録した11月7日放送の第4話。公園のベンチで刑事が電話をしているシーンで、背後からハンマーを持った薬物中毒者の女性が登場する。女性は奇声を発し、刑事を撲殺してしまうのだ。

 

取り調べでは43歳の主婦なのに「シャブ山シャブ子です! 17歳です!」と絶叫。幻覚に取り憑かれたかのように髪を振り乱す怪演が《パンチが強すぎて怖い》《とにかく強烈》とTwitter上でも話題を呼んだ。Twitterではトレンド1位にもなり、多くのネットニュースでも取り上げられている。

広告の後にも続きます

 

しかし、この薬物中毒者の描写について専門家からは異論が相次いでいるのだ。

 

精神科医の斎藤環氏(57)はTwitterで《リアリティは欠片もなくただのゾンビ風演技》《露骨なヘイト表現》と批判。同じく精神科医の松本俊彦氏(51)もFacebookで《こんな患者に出会ったことはない》《偏見と差別意識を強化している》と強く非難した。

 

また『ギャンブル依存症問題を考える会』代表の田中紀子氏(54)は自身のブログで、作中で取調べ中の刑事が発する「本人の責任能力は問えない可能性があります」というセリフに言及したうえで次のように訴えた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル