top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

世界で最も静かな場所は、マイクロソフト本社にある。ギネス記録に認定された無響室

カラパイア


 視覚、聴覚、嗅覚など人間を刺激する感覚はいくつかあるが、騒音とは真逆の完全なる静寂に身を置くと人はどんな状態になるのだろう

 いわゆる音の絶対零度。ギネスが認める世界で最も静かな場所はあのマイクロソフトの本社にある。

 アメリカのワシントン州にあるマイクロソフトの無響室は一般にも開放されていえる人気の観光スポットで、究極のノイズフリー体験ができると評判だ。

地球上で最も静かな無響室。室内に吸音材がびっしり

 アメリカのワシントン州レドモンドにあるマイクロソフト本社には、地球上で最も静かな無響室オーフィールド・ラボ(Orfield Labs)がある。

 無響室とは、外部の騒音を遮断し、室内の音の反射も吸収するよう設計された部屋のことだ。

 ギネス認定されたこのラボも外からの音の遮断と内部の反響を防ぐ設計がなされている。

 この部屋はスチールとコンクリートの6層から成り、内部にくさび型の吸音材が敷き詰められており、壁だけでなく天井にも吸音材を採用。

 足場が必要な床には吸音材の上に格子状のケーブルを張り巡らせている

 この無響室の目的は、マイクやヘッドホンなどの音響機器や、マウスやキーボードなどのPC機器の検査。それらの製品が出す雑音などを分析する部屋なのだ。

平均 -20.35 dB(A)!人間とっては究極の無音領域

 わずかな音も吸い込むよう徹底した部屋のスペックはすさまじく、2015年に音響専門家による2度の計測結果から騒音レベル 平均 -20.35 dB(A)(デシベルエー)を記録。

 世界一静かな場所の称号にふさわしい静けさを証明した。

 なお1度目の計測では最低の-20.6 dBA。2度目は-20.1 dBA だったそう。

 ちなみにdB(A) 、またはdBA とは騒音計の測定単位だ。騒音レベルの単位 dB(デシベル)に人間が聞こえる範囲の周波数特性(A特性)を配慮して補正したものでわかりやすさのためAが表記に含まれているが、近年の国内外の規格や計量法では音圧も騒音レベルもdBの単位が使われているそうだ。

 目安としては人間の平均的な聴覚の限界が0 dB 、静かな室内で気づく静かな呼吸音は10 dB にあたるという。

 つまり、その値を下回る-20.35 dB は人間にとって究極の無音。現地メディアはこの値を「音の絶対零度」と称している。

内部は説明しがたい独特な感覚。呼吸音や心臓の音が耳につく

 この部屋の主任設計者で、音声および聴覚の専門家であるHundraj Gopal氏はこう語る。
この部屋にはいるなり、なんとも説明しがたい独特な感覚に襲われます。
 また無音にもかかわらず耳鳴りがしたり、耳がつんざかれるような感覚というか、鼓膜が突き破られそうな不快感があるそうだ。

 急に耳が詰まって聴覚を失ったようにも思えるため、ためしに頭を左右に振ると首の骨がきしむ音まではっきり聞こえるという。

 確かに奇妙な感覚だが、人によっては自身の呼吸音や心臓の鼓動までもがやたら耳につき、聴覚遮断の影響からか平衡感覚にも支障をきたすためすぐにでも出たくなるという。

【参考】2015年10月マイクロソフトの無響室でギネス記録に挑戦

The quietest place on Earth? | Microsoft Story Labs

世界中から体験希望者が訪問。最長記録55分の猛者も

 だがラボには好奇心に突き動かされた入室希望者が後を絶たない。

 一般公開されているラボには「究極の無音をぜひ体験したい」という人々が世界中から訪ねてはどこまで持ちこたえられるかを競っている。

 考えようによっては手軽な異世界体験みたいなものかもしれない。

 ラボによるとこれまでの最長記録はおよそ55分。多くの人は数秒でギブアップ。たまに粘る人でも30分程度だそう。

 アメリカの観光サイトによると、完全無音のこの部屋では入った人自身が唯一の音の発生源となり、心音はもちろん胃が動く音まで明瞭に聞こえるため気分が悪くなるという。

長時間滞在するコツは座ること。満喫するなら暗闇がおすすめ

 また長時間滞在する唯一のコツは座ることだそうだ。

 人は普段は自分が動いた時に周囲に発生する音を頼りに位置を把握しているが、この部屋ではその音が無く、認知がゆがんで平衡感覚がおかしくなるため、できるだけ動かずにいることである程度耐えられるそうだよ。

 あとこの体験を満喫するなら明かりを消すのがおすすめだそう。だたその場合も平衡感覚を保つのが難しくなるそうなのでやっぱり座っているのが安全みたいだ。

 以下の動画はオーフィールド・ラボの設計者の一人スティーブ・オーフィールド氏が作った別の無響室で耐えてみたYouTuber。

Survived the World’s Quietest Room

 この無響室は以前-13 dBA でギネス記録を出した部屋だが、彼はなんと真っ暗にして1時間も耐えたそうだよ。

 人間が創り出した究極の静寂は心の平穏よりも不安をもたらすものらしい。怖いものみたさというか怖いもの聞きたさで少しなら入ってみたい気もする。みんなはどう思う?

References:mirror / youtube / youtube / guinnessworldrecordsなど /written by D/ edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル