top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

上手に歩くことができない赤ちゃん鹿を見守り、励ましながら自分の力で道路を横断させる母鹿

カラパイア


 手を貸すことは簡単だが、あえてそれをせず、見守り、励ますことで困難を乗り切る方法を教えている母鹿の姿がとらえられた。

 まだ幼い赤ちゃん鹿は、濡れた路面を上手に歩くことができず、歩いては転び、立ち上がっては転んでしまう状況に陥っていた。

 先に道路を横断していた母鹿は、道路でうずくまる子鹿に近づき、鼻先で押し、自力で道路を渡り切らせたのだ。



Baby Deer Has Trouble Crossing the Road

路面が滑って道路を横断できずにいた赤ちゃん鹿

 昨年末、アメリカ・ノースカロライナ州フランクリン市での出来事。夜に車で家に帰る途中、カーブを曲がったところで投稿者は道路上に小さな赤ちゃん鹿がいることがわかり、車を止めた。

 路面は雨でぬれておりとても滑りやすくなっていたため、赤ちゃん鹿はうまく道路を歩くことができずにいたのだ。

 投稿者は車を止めて、その様子を撮影しながら見守っていた。

 赤ちゃん鹿は歩こうとするものの、まだ足腰が強くないため、滑っては転び、立ち上がるもまた転んでしまうという状態だった。

 すると、先に道路を渡り、その様子をずっと見守っていた母鹿が現れた。

 母鹿は車のライトに警戒したようで、赤ちゃん鹿に近づいたものの、一旦道路の反対側へと渡って赤ちゃん鹿の様子を見ていたが、赤ちゃん鹿は立ち上がることができないでいる。

 母鹿はまた赤ちゃん鹿のところへと歩いてきて、その体をやさしく舐めて励ました。母親の愛情で赤ちゃん鹿は元気を取り戻したようだ。

 立ち上がると、母親の後をついて無事道路を渡りきることに成功した。

 どんなにかわいい我が子でも、いずれは親離れをして自立して生きていかなければならない。

 母鹿は、あえて手を貸すことはせず、体を舐めて励ますことで、子供の力を奮い立たせ、困難に立ち向かう方法を学んでほしかったようだ。

 そしてその気持ちは子供に伝わり、あれほど歩くのに苦労し、半ばあきらめかけていた赤ちゃん鹿は、見事道路を渡り切った。

 自然界で生きる動物たちは、我々人間にやはり様々なことを教えてくれているようだ。

written by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル