top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

清原惟が紡ぐ女性たちの一日の物語「すべての夜を思いだす」、ベルリン国際映画祭フォーラム部門出品!

キネマ旬報WEB

 

世界が注目する新鋭・清原惟が、世代の異なる女性たちの一日の断片が響き合うさまを描いた第26回PFFスカラシップ作品「すべての夜を思いだす」が、第73回ベルリン国際映画祭フォーラム部門に出品されることが決定。清原監督にとって初長編「わたしたちの家」から2作連続での同部門出品となる。

 

 

多摩ニュータウンですれ違う三人の女性たち。誰かの大切な記憶が、ほかの誰かの一日と呼応する──。街に積み重なる時間の痕跡に触れ、小さな変化が起きていく一日を描く本作。

広告の後にも続きます

出品されたベルリン国際映画祭フォーラム部門は、斬新な視点を提示する新進映像作家を紹介することで知られる。4年前に新たに就任した選考メンバーたちが清原作品に触れるのは初めてだったが、「全員一致で招待が決まった」という。

 

各者のコメントも到着した。

清原惟監督
『わたしたちの家』で初めて呼んでいただいた国際映画祭である
ベルリン映画祭で、再び上映できること、とても嬉しく思います。
一日の小さな旅の映画が、そのゆっくりとした歩みで海のむこうへと
旅立っていくのを、楽しみに見守りたいです。

ベルリン国際映画祭フォーラム部門ディレクター クリスティーナ・ノード氏
冒頭のカットから、これは特別な映画だ、と直感しました。
3人の女性の一日を、離れたところから、ゆったりと見つめる。
その「場所」の素晴らしさにときめきながら、一緒に歩いていく。
『すべての夜を思いだす』は、眩しく、優しく、時に爽やかな風が通り抜ける
あの夏の日、のような映画です。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル