top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

仰天事件簿:コックピットの窓が吹き飛び外に吸いだされてしまった機長、奇跡の生還

カラパイア


 信じられない出来事が起こった。ブリティッシュ・エアウェイズのパイロットが、飛行中の航空機のコックピットから、外へ吸い出されてしまったのだ。

 突然コックピットの窓が吹き飛び、機長が外へ吸い出されてしまうという前代未聞の惨事に、世界が騒然となった。

 それは1990年のこと。何とか乗務員が2人がかりで機長のティム・ランカスターを支えるが、まさに絶体絶命、いつ死んでもおかしくない状況だった。

窓ガラスが突然割れ、機長が外に吸いだされる

 1990年6月10日、ブリティッシュ・エアウェイズ5390便は、イギリス、バーミンガムを飛び立ち、スペインのマラガに向かって、オックスフォードシア上空、高度5,300 mを飛行していた。

 ところが突然、コックピットの6つある窓のうち、2つが割れて吹き飛んでしまったのだ。

 その瞬間、機内が減圧され、機長であるティム・ランカスターは座席から飛び出し、割れた窓から体半分が外へ吸いだされた。

 偶然にも足が操縦桿(そうじゅうかん)に引っかかり、ランカスターはかろうじて機体に張り付いている状態となった。客室乗務員のナイジェル・オグデンが、間一髪で落ちそうになっている機長の足をつかんだ。

乗務員らの人間の鎖で生還を果たす

 ランカスターが飛行機から落下して死ぬのは防げたものの、彼を死へと引きずり込もうとしている激しい風と戦うのは至難の業だった。

 オグデン自身も、ゆっくりと窓へと引きずられていったが、ほかの客室乗務員のジョン・ヒュワードがコックピットになだれこんできて、オグデンのベルトをつかんだ。

 すぐに、ほかのメンバーも助けに入り、パイロットの座席に自分を固定して、この人間の鎖に加わった。

 一方、副操縦士のアリスター・アーチソンは、無線でメーデーを連呼し続けた。

 その間も、ランカスターは、母なる自然の暴風にさらされ続けていた。自分の命がかかっているのは十分にわかっていたため、必死になって持ちこたえていた。

 従業員らは22分間もこの状態で機長を支え続け、彼は奇跡の生還を果たした。

The Miracle of Flight 5390

 のちに、シドニー・モーニング・ヘラルド紙とのインタビューで、オグデンは次のように語った。
とっさに前方を見ると、コックピットの窓がなくなっていて、機長のティムが外に飛び出しそうになっていました。

強風のせいでシートベルトから吸い出されてしまってのです。彼の足しか見えませんでした。

思わず、操縦桿を飛び越えて、ティムの腰をつかんで、落ちないよう支えました。

機長は背中からシャツがはだけ、仰向けの格好で体のほとんどは外に出ていて、機体の上にふたつに折り曲がったようになっていました。

彼の足が絡まって、自動操縦が解除されてしまい、はずれたコックピットのドアが操縦桿の上にかぶさっていたため、飛行機は世界でもっとも混雑している空を、時速650キロ近くで飛んでいました。

このままでは、彼を失ってしまうと思いました。窓付近で、彼の体はほとんどU字になっていました。

彼の顔は、窓に叩きつけられて、鼻や側頭部から出血していました。両腕は風に揺れていて、その長さが1.8メートルもあるように見えました。

もっとも恐ろしかったのは、彼の目が大きく見開かれていたことでした。死ぬまで、あの光景は忘れないでしょう
 アーチンソンは、なんとかこの地獄を乗り切ることができた。驚くほどの冷静さで、7時55分、サウサンプトン空港滑走路02へ無事着陸を果たした。

 乗客は速やかに前後の階段から降機し、機長も救急隊員に確保された。

 ランカスターは、すぐに救急隊によって病院に運ばれた。数か所の骨折と凍傷を負っていたが、その後完全に回復し、5ヶ月未満で業務に復帰。

 客室乗務員のオグデンも、肩を脱臼し顔と左目に凍傷を負ったが、これ以外の怪我人はいなかった。まさに奇跡の生還物語だ。

The Captain That Got Stuck Outside Of The Plane! | Blow Out | FULL EPISODE | Mayday: Air Disaster

References:Pilot sucked out of cockpit at 23,000ft saved from death by crew ‘grabbing his legs’ – Daily Star / written by konohazuku / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル