top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

イモトアヤコ、三浦雄一郎…「山の夢」をかなえる国際山岳医

女性自身

「やった……。なんとか……ヒマラヤ、自分の足で立ちましたぁ」息も絶え絶えになったイモトアヤコは、その瞬間の表情を視聴者に届けるべく、顔全体を覆っていた酸素マスクをかなぐり捨てた――。

 

現在も高視聴率を誇る人気番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)が、’13年秋に敢行したヒマラヤ山脈のマナスル登山(登頂まで約1カ月間。標高8,000メートル)のクライマックスシーンである。折しも登山ブームが盛り上がっていた時期。『イッテQ!』のすさまじい挑戦に、多くの人が山の驚異と魅力にふれた。

 

「イモトさんは、ほんとうによくがんばったと思います。挑戦を前に、日本でしっかりトレーニングを積んできていたんですね」

広告の後にも続きます

 

5年前の当時を懐かしそうに振り返るのは、チームドクターとして同行した大城和恵さん(51)だ。

 

「私は、歩くスピードや水分調整、酸素ボンベの残量チェックなどでケアをしました。登頂を成し遂げたときはうれしかったですね」

 

大城さんは、世界中の名峰を登ってきた国際山岳医である。札幌市にある勤務先の北海道大野記念病院を訪ねるまで、記者は“日に焼けた山男のような女性”を勝手にイメージしていたが、まるで違った。紺色の医療用スクラブに白衣を羽織って現れた大城さんは、身長153センチほど。人なつこい笑顔を絶やさない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル