top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

50歳に見える…鈴木亜美の肌劣化でわかった「激辛党」「炭水化物抜き」の深刻ダメージ

アサ芸プラス

 鈴木亜美が、1月11日放送の「上田と女が吠える夜」(日本テレビ系)で唐辛子への異常なこだわりを告白した。

「健康オタク女の健康法」なるテーマで、鈴木は「人一倍、健康に気を使いすぎる、絶対に死にたくない健康オタク女」として、安藤和津、いとうあさこ、大久保佳代子、瀧内公美らとともに登場。

 鈴木は周囲の芸能人が軒並みスレンダーなことから、仕事絡み以外では炭水化物を摂らない生活を送っている。さらにこだわりの健康法として、激辛料理を食べていることを明かすと、

「私はカプサイシンが大好きで。唐辛子を毎日、一瓶くらい使ってますね」

 とコメントしたのである。するとモニターには、真っ赤な味噌汁の画像が。視聴者から「あり得ない!」と悲鳴が上がったのは、言うまでもない。テレビウォッチャーが語る。

広告の後にも続きます

「鈴木はこれまでにも自身のYouTubeチャンネルで激辛料理を実食する動画を何本もアップしており、激辛好きの間で話題になっていました。しかし健康のことを考えれば、激辛料理よりもむしろ、きちんと炭水化物を摂取するべきで、冷ややかに見る向きも多い」

 しかも最近の鈴木については、こんな指摘も上がっている。

「肌艶もよくはなく、無理矢理メイクでごまかしているのが垣間見えるため『まだ40歳なのに、50歳ぐらいに見える』などと厳しい声が出ているのも頷けます。今の彼女が子育てに仕事に忙しいのは分かりますが、せめて人並みの食生活を送ることを考えた方がいいのでは」(健康ライター)

「あみーゴ旋風」も、今は昔。話題作りが必要な鈴木には「ビジネス辛党」との疑惑も浮上しているが、ヤリすぎには注意した方がいいのでは。

(ケン高田)

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル