top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

低炭水化物のヘルシー夜ごはん献立を1週間分公開!ママ管理栄養士が実践

たべぷろ

管理栄養士ライターのゆきです。今回はワーママのダイエットにおすすめ、低炭水化物の夜ごはん献立を1週間分ご紹介します。炭水化物の摂りすぎは肥満の原因になりますが、体に必要なエネルギー源でもあるので小盛り一杯程度のごはんはしっかりと食べて、健康的にやせましょう。また、ダイエットが不必要な家族や食べ盛りのお子さんへ取り分ける時の工夫などもお伝えしていきますので参考にしてくださいね。

【1日目】かつおのたたきをメインに

・かつおのたたき
・豆もやしと豆苗のカレー炒め
・ピーマンの塩昆布和え

カレー粉や塩昆布で味付けすることであっさりした鰹のたたきがメインでもごはんがすすむ献立になりました。副菜は砂糖を使っていません。

食べ盛りなお子さん向けには、カレー炒めに豚肉やソーセージを加えるのもおすすめです。

【2日目】豚肉のピカタをメインに

・豚肉のピカタ
・人参のグラッセ
・エリンギのソテー

広告の後にも続きます

ピカタはボリュームのあるおかずを食べたい時におすすめです。卵を衣に少量の油で焼くだけなので、パン粉を使った揚げ物よりも低炭水化物、低カロリーな料理です。

人参のグラッセは、調味料は使わずかぶる程度の少量の水で煮ます。砂糖がなくてもしっかり煮詰めれば、人参の甘味で美味しくいただけます。エリンギのソテーはお酒で炒めて油を使わず仕上げました。

食べ盛りのお子さんには、ピカタにケチャップをかけたり人参のグラッセに蜂蜜やバターを絡めても良いですし、エリンギのソテーにベーコンを加えても良いですね。

【3日目】たらのホイル焼きをメインに

・たらのホイル焼き
・冷やしトマト
・こんにゃくのおかか和え

トマトに大葉をのせたり、こんにゃくのおかか和えに胡麻油を少量使ったりすることで低カロリーな副菜でも風味が増し、満足できる献立になります。

食べ盛りなお子さん向けにたらのホイル焼きにタルタルソースをのせたり、とろけるチーズをのせたりすればボリュームアップしますよ。

【4日目】赤身肉ステーキをメインに

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル