top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

『Steam Deck』レビュー:ゲームをサクッと気軽にプレイ! 加えてゲームコレクションを未来に継承してくれる最高のデバイス

ガジェット通信

発売が発表されてから個人的にもっとも注目していたゲームハードがとうとう発売された。それは、『Steam Deck』! PCゲームをダウンロード配信しているストア『Steam』のゲームがプレイできる携帯ゲーム機だ。

筆者と同じように注目していた人も多いだろうし、買うべきかどうか迷っている人も少なくないのではないだろうか。ちなみに筆者の個人的な感想としては、断然「買い」! この記事で『Steam Deck』のレビューをしつつ、その理由を語りたい。

『Steam』で配信されるPCゲームがプレイ可能な携帯ゲーム機

既に触れたとおり、『Steam Deck』はPCゲームのダウンロードストアである『Steam』のゲームがプレイ可能な携帯ゲーム機だ。PCゲームのダウンロードストアには『Steam』以外にも『Battle.net』『Epic Gamesストア』などさまざまなものがあるが、Valve社の運営する『Steam』は、日本でもっとも有名なストアといっても過言ではない。実際、最近のゲームは複数の家庭用ハードと並んで『Steam』での配信が告知されることが多く、たいていのゲームは『Steam』でプレイ可能だ。

(画像はPC向け『Steam』)

もちろん、『Steam』で配信されないゲームもある。代表例は『スプラトゥーン』シリーズや『ポケットモンスターシリーズ』をはじめとする任天堂のゲーム、それから『フォートナイト』や『オーバーウォッチ2』など。とはいえ、これは当然のこと。

広告の後にも続きます

(画像は『スプラトゥーン3』)

『スプラトゥーン』シリーズや『ポケットモンスターシリーズ』シリーズをリリースしている任天堂は、『Nintendo Switch』の提供企業。『フォートナイト』は『Epic Gamesストア』を運営するEpic Gamesの看板タイトルで、『オーバーウォッチ2』は『Battle.net』を運営するアクティビジョン・ブリザードの看板タイトルだ。つまり、『Steam』のライバルとなる企業の看板タイトルは、『Steam』で配信されることはない。

(画像は『オーバーウォッチ2』)

逆にいうと、そうした例外を除けばほとんどのゲームが『Steam』で配信されているということになる。そして、そんな多数のゲームを楽しめちゃうのが『Steam Deck』……というわけだが、残念ながら『Steam』で配信されるすべてのゲームをプレイできるわけではない。

『Play Station5』や『Nintendo Switch』といった家庭用ハード向けのゲームというのは、基本的にそのハードでの動作が保証されている。これは、ハードの性能が固定されているからだ。だからこそ「この性能の中で開発してくださいね」という、コミットのようなことが行える。

(画像は『Steam Deck』と『Nintendo Switch』)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(ゲーム)

ジャンル