top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

KONISHIKI電撃離婚で言葉を濁した「具体的な理由」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 当時、人気モデルとして活躍していたSさんと、92年2月に新高輪プリンスホテルで結婚披露宴を開いた、元大関KONISHIKI。

 披露宴には、各界から1600人が出席。その費用は6000万円とも言われ、当日もテレビ中継される一大イベントだった。

 KONISHIKIは97年11月場所を最後に現役を引退し、年寄・佐ノ山を襲名した。だが、翌98年には協会に廃業届を提出して、タレントに転身。結婚後も2人のアツアツぶりは周囲の誰もが認めるところで、出版した著書「はだかの王様」(読売新聞社)でも、Sさんの優しさを「どんなに温かいハートの持ち主かよくわかる」と記述するなど、様々な場面で彼女に対するKONISHIKIの愛情の深さを感じたのである。

 ところが、結婚から8年10カ月後の01年12月──。2人の電撃離婚が写真誌によってスクープされると、12月18日にKONISHIKIがハワイ・ホノルルのホテルで離婚報告会見を行った。

 黒いTシャツにショートパンツ、「力」というロゴが入ったキャップに黒縁眼鏡で現れたKONISHIKIは開口一番、

広告の後にも続きます

「僕とSのことで、だいぶ日本が騒いでいるみたいで、本当に申し訳ない」

 神妙な面持ちで一礼すると、

「一緒にいる間に食い違いがあって、2年ぐらい前から別居していたの。話し合って、お互いのためにはこれがいちばんいい方法じゃないかって話をね。『笑いながら離婚したいね』とお互いに話をしました」

 不仲が原因ではないことを強調したのである。だが、具体的な離婚理由については、

「それはプライベートなことだから」と言葉を濁し、まさに夫婦のことは夫婦にしかわからないから、というトーンで会見は終了した。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル