top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

宮崎美子「阪神が優勝したら挙式」の前に破局が…/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 知的な女優としてクイズ番組などで頻繁に見かけるのが、宮崎美子だ。熊本大学法学部卒の経歴に加え、癒やし系の笑顔で親しまれる。20年10月には芸能生活40周年を記念し、還暦水着ショットが掲載されたカレンダー&フォトブックを発売。すると、なんと「鬼滅の刃」公式カレンダーを抑え、見事1位を獲得したのである。

 実は彼女には、わずか1年4カ月足らずではあるが、結婚していた期間がある。相手は同い年のテレビディレクターK氏。2人はTBSドラマ「2年B組仙八先生」で知り合い、4年後の85年10月、阪神タイガースが優勝を決めた試合会場で劇的に再会。それから4年の歳月を経て、89年9月に電撃入籍した。

 その記者会見では、トルコ石を「婚約宝石」としプレゼントされたと告白。

「次にタイガースが優勝したら挙式しようね、と2人で話しているんですよ」

 と、はにかんでいた。

広告の後にも続きます

 しかしそんな甘い生活も、長くは続かなかった。91年1月14日、東京・練馬区の東映大泉撮影所で離婚会見に臨んだ宮崎は冒頭、

「早かったですよね。でも、その前の8年間(交際期間)が長すぎたのかもしれません。逆にいえば、結婚するのが遅すぎたのかもしれません」

 スピード離婚の理由については、

「あえて言えば、入籍したことが離婚の原因でしょうか。私にとって入籍は、単なる形式以外の何物でもなかった。入籍していることが息苦しくなっちゃったんです」

 なんとも哲学的な匂いのする弁が飛び出したのだった。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル