top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

“商人ヒーロー”銀次がお正月を盛り上げる!痛快ビジネス時代劇『近江商人、走る!』より圧巻の前口上で民衆の心を掴む本編映像が解禁!

cinefil

今は昔、近江国(現在の滋賀県)をベースに全国を駆ける商人たちがいた――。大坂、伊勢と並ぶ「日本三大商人」 “近江商人”の活躍を描く、痛快ビジネス時代劇『近江商人、走る!』を12月30日(金)に公開いたします。

©2022 KCI LLP

そろばん勘定だけじゃない。ある時はケガをして働けなくなった大工を救済する方法をひねり出し、ある時は閑古 鳥が鳴く茶屋をアイディアで助ける、そしてまたある時は、店の大借金返済に知恵で挑む――。商いの才と人情に長 けた主人公の近江商人・銀次役には、主役に抜擢されたデビュー作『許された子どもたち』(20)で見事毎日映画コン クール「スポニチグランプリ新人賞」を受賞した注目の新星・上村侑。銀次を支える先輩の蔵之介には『ちはやふる』シ リーズを始め映画にドラマにと出演作が途切れない実力派・森永悠希。銀次や蔵之介と共に米屋で働く楓役にはタレ ントとして活躍の場を広げるのみならず『アルプススタンドのはしの方』(20)では俳優としての実力もしっかりと見せ つけた黒木ひかり。お茶屋の看板娘のお仙にはAKB出身で、映像作品のみならず舞台でも俳優としての活躍の場を 広げている田野優花。また眼鏡屋の有益には『ハケンアニメ!』(22)での好演、そして『ひみつのなっちゃん。』のドラ ァグクイーン役も楽しみな前野朋哉といった若手俳優たちが結集。脇を固めるのは、筧利夫、真飛聖、矢柴俊博、堀部 圭亮、渡辺裕之、藤岡弘、といったベテラン勢と、村田秀亮(とろサーモン)、大橋彰(アキラ100%)、たむらけんじ、コ ウメ太夫らユーモアあふれる笑い芸人たちがキーパーソンとして続々登場!監督は『老人ファーム』『鬼が笑う』で高く 評価された新鋭・三野龍一が務める。

無理難題に挫けず、あっと驚く発想で難局を乗り切る。今の日本に必要な“商人ヒーロー”が誕生します!

★“商人ヒーロー”銀次が圧巻の前口上で民衆の心を掴む本編映像が解禁!!

広告の後にも続きます

今回解禁となった映像は、主人公の商才溢れる近江商人・銀次(上村侑)が勤める米問屋・大善屋の近くのお茶屋で看板娘 として働くお仙(田野優花)が、人気の看板娘が揃うお茶屋に客を奪われ、何とか人気を取り戻したいと銀次に相談したこ とから、銀次がお仙の人気を取り戻すための秘策を思いつき、それを仲間と共に実行に移すという本作でも屈指の盛り上 がりを見せるシーン。お仙と同様、怪我をして働けなくなったところを銀次に救われた大工の佐助(鳥居功太郎)と銀次が 共に舞台へ登場し、お仙の“前代未聞の見世物”を盛り上げるべく、集まった民衆へ向け舞台で前口上を披露。お仙の見世 物を盛り上げる立役者として、「寄ってらっしゃい見てらっしゃい!」と民衆に呼びかける銀次の売り文句さながらの前口 上は周りを巻き込んで民衆を惹きつけ、世の為人の為に行動する、まさに“商人ヒーロー”としての一面を垣間見ることが 出来るシーンだ。

本作の主人公・銀次は、幼いころに薬売りの行商に出ていた近江商人の喜平(村田秀亮)との出会いをきっかけに商人を 志し、喜平の「金にならへんことでも世の為人の為に働くんや」という買い手よし・売り手よし・世間よしという「三方よし」 の近江商人の精神を体現した言葉を胸に、周囲の人たちの悩みを持ち前の商才とアイディア力で解決していくというキャ ラクター。その銀次を演じる上村侑は、先日まで放送されていた日本テレビ系連続ドラマ「ファーストペンギン!」での漁師 の父親を持つが、反抗的な態度で周囲に手を焼かせる問題児の山中たくみ役の好演も記憶に新しい。今年の11月に20歳を迎えたばかりの人気急上昇中の若手俳優で、なんと主演を務めた本作の撮影当時は18歳!本作へは念願の時代劇 初出演という事で、そろばんの勉強に励み、足の甲を日焼けさせるため雪駄を撮影前から履きつぶすなど、徹底した役作 りで撮影に挑んだ上村。現場でも上村の意見が積極的に取り入れられたと言い、今回解禁されたシーンでは「銀次は小さ い頃から商人としてモノを売るというとこを意識していると思うので、自分で前日にメモを取って前口上で何を話すか は本当に自分でも考えてやってました」と振り返り、前口上の文言を銀次のキャラクターを理解した上で自身で提案した と明かす。18歳のフレッシュな魅力を放ちながらも、主演として作品作りにプラスになるアイディアはどんどん提案すると いう、銀次にも通ずるような堂々とした立ち振る舞いを見せる上村ならではの魅力が感じられる前口上は必見!

また銀次の前口上で登場するお仙によるパフォーマンスは、是非映画館で体感してほしい!

お仙を演じた田野は2011年から2018年までAKB48のメンバーとして活躍。2015年には宮本亞門演出のミュージ カル「ウィズ~オズの魔法使い~」で主人公のドロシー役を務めており、キュートな魅力と共に抜群の歌声とダンススキル を持った逸材!本シーンでは彼女の貴重なウィンクも披露し、見ている人の心を掴むような明るく楽しい気分にさせてくれる場面だ。この映画を見れば2023年は良いスタートを切れること間違いなし!
お正月にぴったりな痛快エンタメ時代劇『近江商人、走る!』は12月30日(金)より全国公開。

映画『近江商人、走る!』本編映像

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル