top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

生産性アップや!評価制度の改革で働き方革命!長時間労働の改善方法とは?

楽しみワークス

長時間労働を是正するだけでなく生産性の向上が重要

本原稿では、長時間労働を軽減させる方法として評価制度の改革になるヒントに関して記しています。中小企業の経営者、職場の労務管理の担当者や部門を統括するスタッフ、あるいはチームマネジャーなどにおすすめの内容です。まずは、以下の会話をお読みください。

登場人物:

田中さん(部署長、大阪出身) 近藤さん(若手社員、大阪出身)

田中さん: (コーヒーを飲みながら)近藤くん、最近の残業、ちょっと多すぎやない?会社も何か対策せんとあかんわ。

近藤さん: せやなぁ、田中さん。毎日遅くまで働いてると、家でのんびりする時間もないし、体もキツいわ。

田中さん: そやろ、そやろ。せやけど、どうやって改善すんねん。何かええ案ないんか?

広告の後にも続きます

近藤さん: うーん、せやなぁ。評価制度を変えてみたらどうやろ?残業時間よりも、成果を重視するようにしてみるとか。

田中さん: おぉ、それはなかなかええ考えやないか!成果重視にしたら、効率よく働くようになるかもしれんな。

近藤さん: そうそう、それに「質」に焦点を当てたら、無駄な残業も減るかもしれへんし。

田中さん: 確かに、残業してる時間が長い=ええ仕事してる、ってわけやないもんな。成果出して早く帰れるようにしたいわ。

近藤さん: あとは、社員が自分のペースで働けるように、フレックスタイム制とかテレワークも活用していけたらいいなと思うわ。

田中さん: それも良さそうやな。せやけど、みんながそれぞれバラバラに働いたら、チームとしての連携はどうするん?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル