top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

メキシコの実話をベースに、巨大化された「誘拐ビジネス」の闇に迫った衝撃作『母の聖戦』-ダルデンヌ兄弟、クリスティアン・ムンジウ、市山尚三など各界より絶賛コメントが到着!

cinefil

知られざるメキシコの誘拐ビジネスの闇に迫り、我が子の奪還を誓った母親の、想像を絶する愛と執念の物語『母の聖戦』が、2023年1月20日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国ロードショーいたします。

© MENUETTO FILM, ONE FOR THE ROAD,LES FILMS DU FLEUVE, MOBRA FILMS,TEOREMA All rights Reserved.

ダルデンヌ兄弟×クリスティアン・ムンジウ×ミシェル・フランコ共同プロデュース
メキシコの実話をベースに、巨大化された「誘拐ビジネス」の闇に迫った衝撃作

現代のヨーロッパを代表する名匠のダルデンヌ兄弟、『4ヶ月、3週と2日』でカンヌ映画祭パルムドールに輝いたクリスティアン・ムンジウ、『或る終焉』で知られるメキシコの俊英ミシェル・フランコがプロデューサーとして参加し、テオドラ・アナ・ミハイ監督の劇映画デビューとなった本作。犯罪組織に誘拐された娘を奪還するため、命がけの闘争に身を投じた女性の実話をベースに、ごく平凡なシングルマザーの主人公がたどる想像を絶する運命を映し出す。

ある日突然、娘を誘拐された主人公シエロは、容赦なく身代金をむしり取られ、たちまち孤立無援の極限状況に。誰にも頼れないことを悟ったシエロは、危険を顧みず犯罪組織への監視、追跡を行い、軍をも巻き込んで娘の捜索を繰り広げていくー。

センセーショナルな社会派劇×緊張感みなぎるクライム・スリラー

年間約6万件(推定)の誘拐事件が発生するメキシコを舞台に描かれた、このセンセーショナルにして骨太な社会派ドラマは、決して裕福ではない庶民が犯罪組織に搾取され、警察にも取り合ってもらえない非情な現実を描き出す。全編にわたって主人公シエロの視点でストーリーが展開し、観る者を誘拐ビジネスの闇の奥深くへと誘い、この世のものとは思えない理不尽な暴力が渦巻く光景を目撃させていく。入念なリサーチが重ねられた、リアリスティックな眼差しに貫かれた映像世界の強度に息をのまずにいられない。母の深い愛情と強い怒りを描いた衝撃作であり、並外れた緊迫感がみなぎるクライム・スリラーが誕生した。

広告の後にも続きます

この度、本作のプロデューサーでもある、ダルデンヌ兄弟とクリスティアン・ムンジウ監督、東京国際映画祭プログラミング・ディレクターの市山尚三さんや、ジャーナリストの工藤律子さん、綿井健陽さんらから絶賛コメントが到着致しました。

ダルデンヌ兄弟などから寄せられた絶賛コメントを解禁

『母の聖戦』は私たちを突き落とす。
現代メキシコに存在するカルテルの容赦ない暴力と、警察の腐敗という闇に。
そして、それらに立ち向かうひとりの女性、母がいる。
彼女の確固たる信念、勇気は私たちの心を奪って離さない。
こんなことは映画でそうそう起こることじゃない。
―ダルデンヌ兄弟(映画監督)

共感は国境を超えるということを『母の聖戦』は証明してみせた。
ルーマニア生まれのベルギー人女性監督は、メキシコを舞台に
母の愛情、勇気、そして自由の物語を新たな切り口で語る。
映画はじりじりと続く緊張感と予測不能な驚きの展開に溢れている。
―クリスティアン・ムンジウ(映画監督)

麻薬カルテルに対する掃討作戦によって激化し、
結果的に多くの民間人をも巻き込む多大な被害を
出し続けている、いわゆる「メキシコ麻薬戦争」を
題材とする映画の中でも更に異色を放つ作品だ。
強烈なリアリティによって見る者を圧倒する、
ある意味ドキュメンタリー以上の説得力を持つ力作。
―市山尚三(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル