top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「フランス映画祭2022横浜」が大盛況のうちに閉幕!3年ぶりに復活した観客賞は『あのこと』に決定!オードレイ・ディヴァン監督ビデオメッセージ到着!

cinefil

12/1()から4()の期間で開催しておりました「フランス映画祭2022横浜」が大盛況のうちに閉幕致しました。

今年は、映画祭の開催が30周年という記念回であり、例年以上に華やかに開催。12/1(木)に実施したオープニングセレモニーでは、映画音楽作曲家でシンガー・ソングライターの世武裕子によるピアノ演奏で幕開け。3年ぶりにフランス映画人たちの来日が叶い、オープニング作品『EIFFEL(原題)』主演のロマン・デュリス、マルタン・ブルブロン監督と共にフェスティバル・ミューズの石田ゆり子が開会を宣言しました。また、本映画祭の特別協賛である日産自動車が企画・運営に全面協力し、電気自動車(EV)を集めたEV限定のドライブインシアターも同日に開催。観客は拍手の代わりにハザードランプを点滅させてゲストを出迎え、日本でもっとも環境に優しいドライブインシアターになりました。

会期中は未配給作品も含む長編10作品、短編6作品の計11本の上映(短編6作品は併映として6作を1本とみなす)のうち、9作品が満員御礼。
毎年恒例となった上映会場のイオンシネマみなとみらいのほか、今年から新たにに加わったkino
cinéma横浜みなとみらい、横浜ブルグ13にも多くのフランス映画ファンが集い、横浜の街全体が映画祭ムードに包まれました。

また、今年は3年ぶりにエールフランス協力のもと「観客賞」が復活!
映画祭の観客を対象としたアンケートにて、『あのこと』が会場でのご鑑賞者数との対比で最も票を集め受賞しました。世界中の主要映画祭で賞を総なめにしてきた本作、大学生の予期せぬ妊娠を軸にした衝撃のストーリー**が観客の心を掴んだ結果となりました。

広告の後にも続きます

また、受賞作『あのこと』のオードレイ・ディヴァン監督より受賞に際して感謝の思いを語ったビデオメッセージが到着しました!

オードレイ・ディヴァン監督

観客賞『あのこと』オードレイ・ディヴァン監督からのメッセージ

■フランス映画祭とは
1993年、当時のユニフランス会長で映画プロデューサーのダニエル・トスカン・デュ・プランティエにより横浜で誕生。2006年に会場を東京に移し、2011年より2016年まで、有楽町朝日ホール及びTOHOシネマズ日劇で開催。2012年からは、アンスティチュ・フランセ日本の協力により、地方での開催を実施。各地の映画ファンにも喜ばれるイベントとなった。フランス映画祭を通し、日本国内におけるフランス映画全体の活況を図ること、フランス映画を配給する各社の助けとなること、また、まだ買付のついてないフランス映画、新進の監督や俳優に日本で紹介される機会を作ることがその狙い。加えて、来日するゲストによるマスタークラスを実施し、日本の未来の映画の作り手との繋がりも重要視されている。第25回という節目である2017年には、フランスを代表する女優のカトリーヌ・ドヌーヴが団長として来日。フランスでも人気の高い北野武監督が親善大使を務めた。2018年に13年ぶりに横浜へ場所を移し、過去のフェスティバル・ミューズは常盤貴子さん、中谷美紀さん、米倉涼子さん、杏さんが就任し、華やかに開催。今年は第30回目の開催となった。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル