top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

カンヌで受賞後、韓国国内の映画賞を軒並み受賞!米・有力誌年間 TOP10 映画選出続出!パク・チャヌク監督最新作『別れる決心』ゴールデン・グローブ賞ノミネート!監督来日が決定!場面写真も解禁!

cinefil

本年度のアカデミー賞®国際長編映画賞部門の韓国代表に選出、カンヌ国際映画祭コンペティション部門で監督賞を受賞した、パク・チャヌク監督最新作『別れる決心(原題:헤어질 결심/英 題:Decision to Leave)』が、2023 年 2 月 17 日(金)より TOHO シネマズ 日比谷他全国公開することが決定いたしました。そして、この度、アカデミー賞の前哨戦としても注目度の高い第80回ゴールデン・グローブ賞にて、作品賞-非英語作品(旧・外国語映画賞)にノミネートされました。

今年 5 月のカンヌ国際映画祭コンペティション部門での監督賞受賞を皮切りに、本年度アカデミー賞®国際長編映画賞 部門の韓国代表に選出され、韓国の“アカデミー賞”とも称される、最も権威ある映画祭、<青龍賞>で監督賞をはじめ 7 冠を獲得!さらに、先日発表された<大鐘賞>でも作品賞、脚本賞、主演男優賞の 3 冠を獲得!他にも<韓国映画制作家協会賞>では作品賞・脚本賞をはじめ6冠、<韓国映画評論家賞>では最優秀作品賞・監督賞・作家賞・主演女優 賞など6冠獲得などと韓国国内の映画賞を軒並み受賞。その勢いは国内に留まらず、米「ニューヨーク・タイムズ」紙 や「ローリングストーン」誌、「インディ・ワイヤー」誌などが選ぶ今年の映画ベスト10にも選出されるなど、国内外から熱い注目を集め世界中を魅了している。そして、日本時間の 12 月 12 日(月)にアカデミー賞の前哨戦としても注目度の高い第80回ゴールデン・グローブ賞の ノミネート作品が発表され、『別れる決心』は、作品賞-非英語作品(旧・外国語映画賞)にノミネートとなった!

監督を務めるのはパク・チャヌク。『オールド・ボーイ』(03)で第 57 回カンヌ国際映画祭グランプリを受賞。その後『渇き』(09)、 『イノセント・ガーデン』(13)、『お嬢さん』(16)など唯一無二の作品で世界中の観客と批評家を唸らせ続けてきた巨匠の 6 年ぶりの最新作は、サスペンスとロマンスが溶け合う珠玉のドラマ。
主演は『殺人の追憶』(03)、『グエムル ~漢江の怪物~』(06)とポン・ジュノ監督作品への出演で一躍注目を集め、ドラマ、アクション、 時代劇などキャリアを通して幅広い分野で活躍しているパク・ヘイルと、アン・リー監督『ラスト、コーション』(07)でヒロインを 演じ一躍国際的な女優としての地位を確立、『ブラックハット』(15/マイケル・マン監督)でハリウッドにも進出しているタン・ウェイ。
物語は、刑事ヘジュン(パク・ヘイル)が、崖から転落死した男の妻ソレ(タン・ウェイ)の調査を開始することから始まる。取り調べが進む中で、お互いの視線は交差し、それぞれの胸に言葉にならない感情が湧き上がってくる。いつしか刑事ヘジュンはソレに惹かれ、 彼女もまたヘジュンに特別な想いを抱き始める・・・。
パク・チャヌクの盟友であり Netflix「シスターズ」も話題のチョン・ソギョンと共に手掛ける、二転三転する先の読めないストーリー、相手の本心を知りたいヘジュンとソレのスリリングな駆け引きに、ハマる批評家や観客が続出!
映画レビューサイトの Rotten Tomatoes では 94%フレッシュを記録し、「『パラサイト 半地下の家族』の次はこれ!」(Variety)、「今年最もロマンティックな映画」(IndieWire)、「ミステリーとロマンスが優雅に溶け合っている」(Collider)といった絶賛評が上がっている。

映画『別れる決心』60秒予告

5 年 10 か月ぶりの監督来日が決定!

広告の後にも続きます

公開に先だち前作『お嬢さん』以来、5 年 10 か月ぶりのパク・チャヌク監督の来日が決定しました!!
12 月 26 日(月)には TOHO シネマズ 日比谷にて監督の舞台挨拶付きジャパンプレミアイベントも予定しており、首を長くして待っていたファンには待望のイベントとなりそうだ。激レア必至のジャパンプレミアの上映チケットは、12 月16 日(金)AM11 時より発売予定!詳細は映画公式ホームページをご覧ください。
監督は「本作は、大人のための映画です。喪失の物語を悲劇的なものとして語るのではなく、繊細さとエレガンスとユーモアをもって表現しようとしました。大人たちに語りかけるような形で・・・」とコメントしている。世界が認めた傑作を監督の貴重なトーク付きで観るまたとない チャンス!
是非お見逃しなく!!

パク・チャヌク監督

パク・チャヌク監督来日先行プレミア 詳細

■日時:12/26(月)18:00 の回 上映前
登壇者:パク・チャヌク監督
※敬称略 登壇者は予告なく変更する場合がございますこと、予めご了承ください。
■実施劇場:TOHO シネマズ 日比谷
■チケット料金:2,100 円(税込)
■チケット販売
・先行プレリザーブ(先行抽選販売受付)
12/16(金)AM11:00~12/18(日)AM11:00 まで
・一般販売
12/20(火)AM10:00~12/25(日)16:00

《チケット購入に関するお問い合わせ》
チケットぴあヘルプ https://t.pia.jp/help/index.jsp
「チケットぴあ」HP(https://t.pia.jp/)

場面写真一挙解禁!

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル