六本木「美女惨殺」事件、マレーシア逃亡恋人が「自首は…」
六本木「美女惨殺」事件、マレーシア逃亡恋人が「自首は…」
 「俺、やっちゃいました。六本木の事件で。すみませんでした。ちょっと今、気持ちの整理がついてないから、(自首の)決断はできないです」  友人に電話でそう話した男性・A氏(40代)は、直後にマレーシアに飛んだ。11月1日現...

 

「俺、やっちゃいました。六本木の事件で。すみませんでした。ちょっと今、気持ちの整理がついてないから、(自首の)決断はできないです」

 

 友人に電話でそう話した男性・A氏(40代)は、直後にマレーシアに飛んだ。11月1日現在、A氏は現地にいるとみられる。

 

 10月18日、東京・六本木のマンションの一室で、女性の遺体が発見された事件。女性は横浜市青葉区在住のバレツタ久美さん(29)と判明した。

 

 

「殺害現場は凄惨なものでした。鉄アレイが凶器とみられ、遺体はシーツにくるまれた状態でした」(警察関係者)

 

 現場は六本木駅から徒歩5分の高級賃貸マンションの1室。住んでいたのは冒頭のA氏だ。関係者が続ける。

 

「6月ごろにAが『彼女ができた』と言っていた。『ハーフのかわいいコで相性がいい』とAは自慢していました」

 

 バレツタさんは日本とアメリカの国籍を保有しているという。一方、A氏は六本木では名の知られた人物だった。

 

「彼は半グレ集団のメンバー。飲食店を複数経営するなど、六本木界隈では顔が広い。2014年には、彼の店に来た外国籍の男性客とトラブルになり、刃物で刺して逮捕されています。

 

 そのときも海外に逃げました。キレたら何をするのかわからないと恐れられていたんです」(大手紙社会部記者)

 

 A氏とバレツタさんとの間では喧嘩が絶えず、周囲の友人らは心配していたという。

 

 10月31日、殺害の報告を受けた友人は、A氏と再び連絡を取った。

 

「今はマレーシアにいます。逃走するためのお金は1000万円ぐらい持っています。自首についてはまだ迷ってます」(A氏)

 

 警視庁はA氏の行方を追っているが、逮捕状はまだ出ていない。

 

「警察はこの件で逮捕状をまだ取れない。パスポートを失効させ、別件の旅券法違反で身柄を押さえるつもりです」(前出・警察関係者)

 

 恋人を弔うためにも、A氏はすみやかに事実を明らかにすべきだ。

 

(週刊FLASH 2018年11月20日号)

(更新日:2018年11月8日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(社会)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME