家族の中で「犬が一番好きな人」を見極める方法とは?
家族の中で「犬が一番好きな人」を見極める方法とは?
犬を飼っていれば、自分の愛犬に好かれたいと思うもの。では実際のところ、犬は家族の中で一番好きな人は誰なのでしょうか?その見極めるポイントをご紹介します。

①体をこすりつける

飼い主さんの側にやってきて、自分の体をこすりつけるような仕草を示したら、それは「あなたのことが大好きだよ」と気持ちを伝えています。食事を食べたあとや一緒に遊んだあとなど、犬にとってイイコトをされたあとによくみられる光景です。

②お腹を見せる

犬にとってお腹は弱点といえる場所なので、本来は隠しておきたい場所です。しかしこれを見せるということは、愛情や服従を示しています。とてもリラックスしていて、安心しているのでしょう。

急に目の前にやってきて寝転ぶのであれば、「撫でて!」「触って!」と、心を許している証拠です。

③お尻をくっつけて座る

お尻だけを飼い主さんにくっつけて座るときは、信頼をあらわしています。顔は向こうを向いているので寂しい気もしますが、動物にとって背後は弱点の一つ。この行動は、飼い主さんに対して「背後は任せたぞ」と絶大な信頼を示しているのです。

④しっぽを振る

犬は、気持ちがしっぽの動きにあらわれます。飼い主さんが外出から帰ってきたとき、ご飯を用意しているとき、一緒に遊んでいるとき、犬はしっぽを振っていませんか?

これは「嬉しい」「楽しい」という気持ちを示しています。しかしこれは、しっぽを右に振っている場合。左に振っている場合は、恐怖心や緊張、下に向けている場合は心配をあらわしています。

⑤顔を舐める

しっぽを振りながら顔を舐めてくるのは、飼い主さんに対する愛情表現の一つです。犬の頭を撫でたり、「私も大好きだよ」と声をかけたりして、飼い主さんも愛情を示してあげましょう。

しかし、ご飯の時間の近くになって顔を舐めてくる場合、愛情表現ではなく、ご飯の催促を意味します。子犬は母犬の顔を舐めることで、ご飯を催促する習性があるので、その名残なのでしょう。

顔を舐められたときにすぐにご飯を与えてしまうと、「要求に応じた」と認識してしまうので、一旦落ち着かせて時間を置いてから、ご飯を与えるようにしましょう。

⑥靴やスリッパ、クッションに興味

よく、飼い主さんの靴やスリッパ、クッションなどを噛んだり、ニオイを嗅いだり、隠したりしませんか?これは物そのものが好きというより、飼い主さんのニオイが好きなのです。お留守番していて寂しいと感じたときなどは、飼い主さんのニオイを探し求めるそうです。

まとめ

好きな人に対してする行動や仕草をご紹介しました。

犬は素直で誠実な動物であるため、好きな人には好きな仕草、嫌いな人には嫌いな仕草をあらわします。そのため、ここでご紹介した行動や仕草を一番示された人が、一番好かれているのではないかと思います。

犬の性格や生活環境によって個体差はあるでしょうが、愛犬が自分にこれらの行動や仕草を示してくれるのを実感すると、とても嬉しい気持ちになりますよね。

(更新日:2018年11月8日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(くらし)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME