top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

入山法子、映画『天上の花』は「言葉にならないような気持ちを救ってくれる作品」

WEBザテレビジョン

入山法子、映画『天上の花』は「言葉にならないような気持ちを救ってくれる作品」

俳優の入山法子が12月10日、都内で行われた映画「天上の花」の公開記念舞台あいさつに共演の東出昌大、片嶋一貴監督、寺脇研プロデューサーと共に出席。本作への熱い思いを口にした。

■「企画書と準備稿をいただいたときにすぐに感じ取りました」

本作は萩原朔太郎の大回顧展「萩原朔太郎大全 2022」の記念映画として製作。萩原朔太郎の娘である萩原葉子の同名小説の映画化で、戦争の時代に翻弄されつつ詩と愛に葛藤しながら懸命に生きた者たちへの鎮魂歌となっている。東出が三好達治を、入山が朔太郎の妹で達治の妻・慶子を演じる。

入山は本作の役どころに関して「人には見せたくない、理解されないかもしれないみたいな感情をさらけ出せる役に出会えることは、役者をやっていくことでとても充実できること」と語り「企画書と準備稿をいただいたときにすぐに感じ取りました。ぜひ慶子になりたい、と思いました」とコメント。監督や東出の名前を上げ「慶子にしてくれてありがとう、という気持ちです」と感謝した。

■「すごくいろんな感情を抱かれると思います」

また、クランクインする前には東出と共に脚本の荒井晴彦氏と会う機会があったという入山。そのときのことを入山は「緊張しちゃって何もお話できなかったんですけど、(東出と荒井氏の)お二人がお話されているところを見て、すごくチャーミングな方だと思いました」と振り返り「本当に映画愛、役者への愛をすごく感じました」としみじみ語った。

入山は本作について「すごくいろんな感情を抱かれると思います。おひとりおひとりにどんな気持ちかを伺いたいです」と口にし「愛されるとか愛すこと、憎まれたり憎んだり、許せたり許せなかったり…人と人の間に生まれる、自分でも言葉にならないような気持ちを救ってくれる作品だと思っています」と表現。最後には「明日からも舞台あいさつが続くのでがんばります」とチャーミングに意気込んだ。

◆取材・文=山田果奈映

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル