top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「何見てんだよ! あっち行け!」大荒れ展開に苛立ったメッシ、相手FWと敵将に辛辣発言「ファン・ハール? 放り込むだけ」【W杯】

THE DIGEST

「何見てんだよ! あっち行け!」大荒れ展開に苛立ったメッシ、相手FWと敵将に辛辣発言「ファン・ハール? 放り込むだけ」【W杯】

 文字通りの死闘は大荒れの展開となった。現地時間12月9日に行なわれたアルゼンチンとオランダのカタール・ワールドカップの準々決勝だ。

 アルゼンチンがリオネル・メッシの1ゴール、1アシストの活躍によって2点を先行した試合は、劣勢となったオランダが終盤に反攻して83分と90分+11分にヴォウト・ヴェフホルストの連続ゴールで同点に。そして延長戦へと突入した。

 互いに激しい肉弾戦を演じるなかで、次第に両軍ともに目に見えてラフプレーが多くなり、イエローカードは16枚(アルゼンチン8枚、オランダ8枚)も提示された。最終的にPK戦の末にアルゼンチンが勝利を収めたものの、試合後も両ベンチがいざこざを起こすなど、後味の悪さも少なからず残った。

 そうしたなかでフラストレーションを溜めていた“偉才”は怒りを露わにした。この試合でオランダベンチと睨み合うシーンもあったメッシは、勝利直後に受けた母国のスポーツ専門放送局『Tyc Sports』のフラッシュインタビューで「何見てんだよ、バカ。どっか行けよ!」と珍しく声を荒げて発言したのである。ちなみに同局は言葉を送った相手はヴェフホルストだと指摘している。

 明らかに苛立っていたためにインタビュアーからも「落ち着いてくれ、レオ」となだめられたメッシ。彼は試合を振り返るように求められると、こう続けた。
 「僕らはあまりにも不当に苦しんだと思う。とにかくタフだった。ファン・ハール? 彼は自分たちが良いサッカーをしていると言ってるけど、ボックス内にボールを放り込むだけだった。あと今日はあまりに多くの苛立つ場面があった。

 あんな風に終わるはずじゃなかった。でも、レフェリーのことはあまり話したくないよ。だって彼らはペナルティーを科してくるからね。試合中は何があるか分からなかったから怖かった。FIFAは見直さなければならないと思う。このレベルの仕事に適さないレフェリーを使う必要はない」

 カオスな展開の中で苦戦を余儀なくされながらも競り勝ったアルゼンチン。はたして、彼らの勢いはどこまで続くのか。次は現地時間12月13日にメッシが「厳しい試合になる」と予想するクロアチアとの準決勝を迎える。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】結果論や運で片付けたくないPK戦。一瞬で勝負を決するからこそ突き詰めたい技術「準備不足で臨むのは愚か」

【関連記事】「マナーも最悪だった」相手に苛立って“暴言”のC・ロナウドに韓国メディアで非難の声!「最後の最後までなってない」

【関連記事】「なぜルールを守らないのか?」クロアチアの“最も美しいファン”の投稿が再び炎上!「これは恥ずべき行動だ」【W杯】

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル