top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

年末ジャンボ宝くじに関する二つの伝説を紹介!「一丁目一番地伝説」、「大河ドラマ伝説」とは!?

マガジンサミット

年末には様々な行事がありますが、その一つともいえるのが年末ジャンボ宝くじ。1等・前後賞合わせて10億円が当たるという夢のある宝くじです。

実は、この年末ジャンボ宝くじにはある伝説があるのをご存じでしょうか。今回は、宝くじ記者歴20年、宝くじ売り場の目利きとして知られる“ふくちゃん”こと福田雅夫さんに、その伝説とオススメ宝くじ売り場を教えていただきました。

年末ジャンボ・一丁目一番地伝説

まず一つ目の伝説は、「一丁目一番地伝説」というもの。こちらはジャンボ宝くじで1等を引き当てた売り場は一丁目一番地にあるという伝説です。特に年末ジャンボは2019年から3年連続で一丁目一番地の売り場から1等が出ています。

神道では数字は「数霊(かずたま)」と呼ばれ、言霊(ことだま)と同じようにその音が現実の事象に影響すると考えられています。一丁目一番地には1の力がダブルで1等を呼び寄せているのかもしれません。今回はそんな一丁目一番地の売り場を紹介していきます。

①北見イオンチャンスセンター(北海道 北見市)

2010年の年末ジャンボで1等3億円と2等1億円を同時に引き当て、「北見の奇跡」と言われた元祖・一丁目一番地売り場。

②平一町目宝くじセンター(福島県 いわき市)

広告の後にも続きます

2021年の年末ジャンボで1等と前賞8.5億円を引き当てた売り場です。

③新三郷ドンキホーテチャンスセンター(埼玉県 三郷市)

2009年のロト6で1等1.87億円を引き当てた売り場。売り場には当せんを願い「億布団」を掲げています。

④新宿駅南口ルミネ前売り場(東京都 新宿区)

2021年にサマージャンボで1等を引き当てた売り場。同時に近くの3つの売り場で億当せんを引き当てています。

 

その他の「一丁目一番地伝説」の売り場

⑤ひばりが丘パルコチャンスセンター(東京都 西東京市)

⑥綾瀬タウンヒルズチャンスセンター(神奈川県 綾瀬市)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル