top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

20代のキャスト・スタッフが作り上げたバディムービー 「君に幸あれよ」予告

映画スクエア

 2023年2月4日より劇場公開される、撮影当時25歳の新人監督・櫻井圭佑が、全員20代のスタッフ・キャストと作り上げた映画「君に幸あれよ」の、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 予告編では、過去の悲しい出来事から心を閉ざして生きる真司(小橋川建)が、理人(高橋雄祐)と出会うことで次第に変わっていく姿が収められている。夜道をバイクで二人乗りする姿、中島ひろ子演じるスナックのママや、諏訪太朗が演じるラーメン屋の店主に暖かく見守られる様子が見られる一方で、真司が泣き叫ぶ姿も切り取られている。

 ポスタービジュアルには、主人公・真司役の小橋川建の横顔と、高橋雄祐演じる理人がほほ笑みながら真司の顔を見上げるカットが大きく使用され、その横に「この世に分かり合える奴なんていない だけどアイツと出会って救われた」のコピーが添えられ、殺伐とした世界の中で生きるふたりに訪れた優しい時間が表現されている。

 「君に幸あれよ」は、ちまたでは狂犬と呼ばれる、債権回収などの裏稼業で生計をたてる真司(小橋川建)を主人公とした映画。実は過去に大切な舎弟分を亡くし、人に興味を持つことを避けてきていた真司。そこへ現れた不思議な青年・理人(高橋雄祐)と一緒に過ごすうちに、次第に心がほぐれていく。しかし、過去の過ちが原因で理人が事件に巻き込まれてしまう。

 主人公の真司役には「無頼」「花と雨」の小橋川建、不思議な青年・理人役に「僕たちは変わらない朝を迎える」「透明花火」の高橋雄祐、ほかに「岬の兄弟」「ONODA」の松浦祐也、「いつかのふたり」「朝が来る」の中島ひろ子、「冷たい熱帯魚」「シン・ゴジラ」の諏訪太朗などが脇を固める。監督は、俳優・写真家としても活躍する櫻井圭佑。コロナ禍の2021年に、本作に出演する小橋川、高橋とともに映画を企画。「JOINT」「脳天パラダイス」の撮影監督・寺本慎太郎をはじめとしたクルーとも出会い、撮影当時すべて20代のキャスト・スタッフで、本作を一気に作り上げた。

広告の後にも続きます

【作品情報】
君に幸あれよ
2023年2月4日より、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開
配給:MAP
© 映画「君に幸あれよ」製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル