top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

映画『シャイロックの子供たち』阿部サダヲ主演で池井戸潤の小説を実写化、銀行が舞台のエンタメ作品

FASHION PRESS

映画『シャイロックの子供たち』阿部サダヲ主演で池井戸潤の小説を実写化、銀行が舞台のエンタメ作品

池井戸潤の小説を実写化する映画『シャイロックの子供たち』が、2023年2月17日(金)に公開される。

池井戸潤の小説を“完全オリジナルストーリー”で実写映画化

原作の『シャイロックの子供たち』は、『半沢直樹』『陸王』『アキラとあきら』など数々のベストセラーを生み出してきた池井戸潤による人気小説。銀行で起きた現金紛失事件を主軸に、行員たちの人間模様を描いた群像劇だ。2022年秋にはドラマ化することでも話題となっているが、映画版では、小説ともドラマとも展開が異なる、完全オリジナルストーリーを展開する。

<映画『シャイロックの子供たち』あらすじ>

東京第一銀行・長原支店で起きた、現金紛失事件。お客様係の西木は、同じ支店の愛理と田端とともに、この事件の裏側を探っていく内に、ある事実にたどりつく。それはメガバンクを揺るがす、とてつもない不祥事の始まりにすぎなかったー。金か、 魂かー。全ての働く人たちへ問いかける、クライム・エンターテインメント。

主演は阿部サダヲ、豪華俳優陣が集結

『シャイロックの子供たち』の実写映画化には、豪華俳優陣が集結。主演の阿部サダヲをはじめ、上戸彩、玉森裕太、柳葉敏郎、杉本哲太、佐藤隆太、柄本明、橋爪功、佐々木蔵之介らが参戦する。

■主人公・西木雅博(にしき・まさひろ)…阿部サダヲ

東京第一銀行・長原支店のベテランお客様係。同じ支店で働く北川愛理、田端洋司とともに、銀行内で起こった現金紛失事件の裏側を探っていく内に、あるとてつもない事実にたどり着いていく。阿部サダヲは池井戸作品、本木組、銀行員役ともに初挑戦。出演にあたり「気が付かないところで起きている、お金の怖さと面白さ、身近な人を信じていいのか疑っていいのか?堪能してみたかった池井戸 潤さんの 世界!」とコメントを寄せた。

広告の後にも続きます

■北川愛理(きたがわ・あいり)…上戸彩

■田端洋司(たばた・ようじ)…玉森裕太

■九条馨(くじょう・かおる)…柳葉敏郎
長原支店支店長。

■古川一夫(ふるかわ・かずお)…杉本哲太
長原支店のパワハラ副支店長。

■滝野真(たきの・まこと)…佐藤隆太
長原支店のエース。

■石本浩一(いしもと・こういち)…橋爪功
滝野に近づく不動産会社社長。

■沢崎肇(さわざき・はじめ)…柄本明
長原支店の客。映画オリジナルキャラクター。

■黒田道春(くろだ・みちはる)…佐々木蔵之介
事件をきっかけに長原支店に調査に訪れる東京第一銀行本部検査部。

主題歌はエレファントカシマシ

主題歌は、エレファントカシマシが書き下ろした新曲「yes. I. do」。すべての闘う人たちへエールを贈るような楽曲が、物語に彩りを添える。

『空飛ぶタイヤ』チームが再集結

制作陣は、池井戸潤作品を初の映画化を手掛けた『空飛ぶタイヤ』チームが再集結。本木克英監督がメガホンを取る。

【詳細】
映画『シャイロックの子供たち』
公開日:2023年2月17日(金)
原作:池井戸潤『シャイロックの子供たち』(文春文庫刊)
出演:阿部サダヲ、上戸彩、玉森裕太、柳葉敏郎、杉本哲太、佐藤隆太、柄本明、橋爪功、佐々木蔵之介
監督:本木克英
脚本:ツバキミチオ

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル