眞子さまブログ、半年ぶり更新…今年1月も意味深メッセージ
眞子さまブログ、半年ぶり更新…今年1月も意味深メッセージ
秋篠宮家の長女・眞子さまが勤務されている博物館・インターメディアテク(IMT)。そのWebサイト上にある、研究者によるリレーコラムが掲載された“ブログ”をご存じだろうか。その執筆者の中には、眞子さまも含まれているのだ。

秋篠宮家の長女・眞子さまが勤務されている博物館・インターメディアテク(IMT)。そのWebサイト上にある、研究者によるリレーコラムが掲載された“ブログ”をご存じだろうか。その執筆者の中には、眞子さまも含まれているのだ。

 

眞子さまは2月に小室圭さんとのご結婚延期を発表。そういった事情もあったのか、眞子さまの執筆はしばらく止まっていた。しかし10月25日、4月26日以来、実に半年ぶりに眞子さまご執筆のコラムが掲載されたのだ。『「山越」のウシ解剖模型』と題されたそのコラムは、次のような書き出しとなっている。

 

《IMTの2階に、ウシ解剖模型がある。紙製のそれはホルスタイン牛を象った縮小模型であり、背中を開くと、取り外し可能な臓器の模型が収められている。左半身の筋肉はむき出しで、教室にある人体模型を思い起こさせる。ラベルには「合資会社山越教育標本器械製作所製作」の文字。》

 

眞子さまはこのラベルの会社名が、IMTの2階にあるキノコ模型を製作した「山越工作所」と似ていることを発見。2つの会社の関係性を探っていくコラムとなっている。

 

「非常にマニアックな内容ですが、丹念に資料を探されたことがわかります。博物館学を専攻されている眞子さまの、研究者としての一面が垣間見えるコラムだと思います」(皇室ジャーナリスト)

 

今回取り上げられたキノコの模型は前々回のコラム『キノコ』にも登場している。1月11日に書かれたそのコラムは、ロウでできたキノコの模型の精巧な美しさに触れたあと、次のように締めくくられている。

 

《ところで、あくまで個人的な感想だが、この写実的なキノコ模型、見て美しいとは感じるものの、美味しそうと感じないのが不思議である。もっとも、本模型はすべて毒キノコとのことである》

 

見た目が美しくても、はたして中身は……。これは、あくまでもキノコの模型についての記述。ただ小室さんも、インターナショナルスクール出身でバイオリンが趣味の「海の王子」という、華麗なプロフィールが話題となっていた。

 

「昨年12月、小室さんの母・佳代さんの“借金トラブル”が発覚し、ご結婚も延期になりました。そういった経緯を照らし合わせると、今年1月に書かれた“毒キノコのコラム”は非常に意味深です。このブログは、騒動の渦中にある眞子がご自身のお考えを発信できるほぼ唯一の場所。10月23日に27歳の誕生日を迎えられ、その2日後に書かれた今回のコラムにも何らかのメッセージがこめられている可能性は否定できません」(皇室ジャーナリスト)

 

入念に資料を精査し、模型の製造元をつきとめようとする今回のコラム。眞子さまはどのようなお気持ちで書かれたのだろうか――。

(更新日:2018年11月7日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(社会)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME